Home > お知らせ > 2018/11/1 花とアートで再生復興プロジェクト委員会主催仙台シンポジウム「3・11の向こう側 ディスカッション」参加者募集のご案内

2018/11/1 花とアートで再生復興プロジェクト委員会主催仙台シンポジウム「3・11の向こう側 ディスカッション」参加者募集のご案内

花とアートで再生復興プロジェクト委員会よりご案内をいただきましたのでお知らせいたします。

11・1 仙台シンポジウム 3・11の向こう側

詳細

<<参加費無料>> 3・11の向こう側 仙台シンポジウム○日時:2018年11月1日(木) 12:30~17:30○場所:せんだいメディアテーク 1F○応募人数:108人(事前申込制)

■第一部・「地球と人の在り様」「SDGs」

人類学者/竹村真一 ・ 作家、ナチュラリスト/CW二コル

■第二部・「復興五輪」「アートと被災エリア再生」

文科大臣政務官/宮川典子 ・ 東北芸術工科大学理事長/根岸吉太郎 ・ 宮城県利府町長/熊谷大 ・ 東京画廊代表/山本豊津

■第三部・「3・11の向こう側 仙台シンポジウム ディスカッション」

シンポジウム参加者の皆様全員

■第四部・「復興祈念 能楽と書」

能楽の心と癒やしプロジェクト ・ 相馬美希

■「希望者懇親会」 18:00~19:00 クレプスキューレカフェ (会費2000円)

世界が震撼した千年に一度の大津波、3・11東日本大震災。

あの大災害を”地球と人のありよう”としてアースワーク・ランドアートなど先端アートの力で発信する被災エリアアート構想。

古今東西、世界的にも悲劇の地は祈りとともに巡礼の地となり、やがて観光地へと変遷する。

その時代の祈りを形成した先端的なアートや建築・音楽は寺社や教会とともに文化となって歴史を刻んでいく。

3・11アートサイト構想、この地球災害の地から世界へ、文化や歴史となるような地球と人のありようをアートで発信する。

◇花とアートで再生復興プロジェクト委員会◇

申込はこちらから:
https://senndaisymposium.peatix.com/?lang=ja

 

Home > お知らせ > 2018/11/1 花とアートで再生復興プロジェクト委員会主催仙台シンポジウム「3・11の向こう側 ディスカッション」参加者募集のご案内

ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ