Home > お知らせ > 【宮城県地域ボラ募集等】2018/12/6 東北学院大学地域共生推進機構主催多文化共生部門講演会 「ルワンダ大虐殺から四半世紀-2020年パラリンピックを目指して」開催のご案内

【宮城県地域ボラ募集等】2018/12/6 東北学院大学地域共生推進機構主催多文化共生部門講演会 「ルワンダ大虐殺から四半世紀-2020年パラリンピックを目指して」開催のご案内

文部科学省・地(知)の拠点整備事業
平成30年度東北学院大学地域共生推進機構主催多文化共生部門講演会

ルワンダ講演会2018チラシ

 

地域共生推進機構多文化共生・国際交流部門においては、本学学生および地域住民の、障害者支援に対する関心と認識の喚起あるいは深化を目的として、「ルワンダ大虐殺から四半世紀
-2020年パラリンピックを目指して」の開催を企画いたしました。
事前申込不要、入場無料となっておりますので、是非ご参加ください。

日時:平成30年12月6日(木) 15時30分~17時
会場:東北学院大学土樋キャンパス8号館5階押川記念ホール

講師紹介:
ルダシングワ・ガテラ・エマニュエル

ルダシングワ(吉田)真美(ONE LOVE共同代表)
1994年、アフリカの中部にあるルワンダで起こった大虐殺の
被害者、その他の障がい者支援などを行っているNPOを主宰する
方のお話を伺います。
(「ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト」HPより)
ルワンダでは、ヨーロッパ諸国の植民地政策という間違った政治のために、国民を分けられ、憎しみの感情を教えられ、その結果国民同士が殺し合う悲劇が起こりました。
大虐殺の時に失われたものを取り戻すために、ルワンダの人々は努力を続けています。しかし、そんな今も、世界のどこかで争いは続いています。地球上には、たくさんの人々が暮らしています。見た目はみな違います。お互いがその違いを認めた上で、相手を尊敬すれば、無駄な争いはなくなるのではないでしょうか?
右下の写真は、Nyamata 教会の言葉を写したものですが、「隣人を理解していれば、悲劇は起こらなかったであろう」という意味です。 ルワンダでは、分けられてしまった国民が争うことによって、多くの血が流されました。そんな悲劇が2度と起こらないように願いを込めて、私たちは「ワンラブ―ひとつになって愛し合おう」と言う名前を付けました。
そしてルワンダの傷ついた人たちが、肉体的・精神的・経済的に自立できるよう、応援しています。これからも少しでも平和な世界になるように、私たちは地球上の人たちと力を合わせていきたいと思います。

■お問い合わせ先
東北学院大学地域共生推進機構(学長室地域共生推進課)
〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL.022-264-6562 FAX.022-264-6522
E-mail:kikou@staff.tohoku-gakuin.ac.jp

Home > お知らせ > 【宮城県地域ボラ募集等】2018/12/6 東北学院大学地域共生推進機構主催多文化共生部門講演会 「ルワンダ大虐殺から四半世紀-2020年パラリンピックを目指して」開催のご案内

ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ