Home > お知らせ > 2019/2/9 第5回大学生ボランティア写真展&イベント2018 被災地と多摩地域の架け橋~大学生はなぜ、被災地に通い続けるのか?~開催のご案内

2019/2/9 第5回大学生ボランティア写真展&イベント2018 被災地と多摩地域の架け橋~大学生はなぜ、被災地に通い続けるのか?~開催のご案内

中央大学ボランティアセンターよりご案内をいただきましたのでお知らせいたします。

東日本大震災から7年、熊本地震から2年が経過しました。
震災の記憶が少しずつ薄れていく今も、被災地に通い続ける大学生がいます。
そもそもなぜ被災地に?どうして通い続けるの?
多摩地域5大学の学生が、被災地に寄せる思いを語ります。
また、2日間を通して様々な角度から、多摩地域でできることを考えてもらうきっかけとします。
お気軽に足を運んでください!!お待ちしています。

★2/9土 11:00~15:00
・物産展(エントランスフロア)
東北(気仙沼、女川)と熊本のレア商品たくさんあります!
・防災を学ぶ(3Fイオンホール)
アロマキャンドル作り
防災人間すごろく、防災百人一首で楽しみながら防災を学びます!ご家族連れ、大歓迎です。
・スタンプラリー
各大学の素敵なグッズをプレゼント!

★2/10日 13:00~17:00
福島・いわき市、宮城・気仙沼、熊本・西原村とライブ中継しながらのクロストークを行います!
大学生の本音、受け入れてくださる方々の思いをぜひ、聞いてください。

★2/4~2/10の間は、3Fで写真展も開催しています。

主催:多摩地域の大学と地域によるネットワーク(ボラネット多摩)
協力:明星大学、中央大学、実践女子大学、法政大学、首都大学東京、日野市、日野市社会福祉協議会、東京ボランティア・市民活動センター

会場:イオンモール多摩平の森(日野市多摩平2-4-1)JR中央線・豊田駅北口から徒歩3分

Home > お知らせ > 2019/2/9 第5回大学生ボランティア写真展&イベント2018 被災地と多摩地域の架け橋~大学生はなぜ、被災地に通い続けるのか?~開催のご案内

ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ