Home > お知らせ > 2019/2/18 シンポジウム「被災地における支援体制のいま、これから ―復興・創生期間終了後の被災者支援のあり方について―」開催のご案内

2019/2/18 シンポジウム「被災地における支援体制のいま、これから ―復興・創生期間終了後の被災者支援のあり方について―」開催のご案内

(株)三菱総合研究所からご案内をいただきましたのでお知らせいたします。

シンポジウム「被災地における支援体制のいま、これから」ご案内(速報版)

東日本大震災の発災から8年が経過しようとするなか、東北三県の被災地では依然として復興の途上にあり、さらには従来から直面していた少子高齢化や人口減少といった課題への対応も本格的に求められています。「復興庁被災者支援コーディネート事業」の取組を通じて見えてきた、震災後の地域の状況変化や民間支援団体の活動・役割に着目して、2020年度末に復興・創生期間終了を迎える被災地における、被災者支援のあり方について皆様と考えていきます。

■日時:平成31年2月18日(月)14:00~17:00(開場13:30)

■場所:仙台国際センター会議棟3階 中会議室 白橿
(仙台市青葉区青葉山無番地)

[プログラム]
○導入:支援団体から見た被災地の地域課題・支援体制のいま、これから
○基調講演:地域再生を見据えた復興のあり方
○事例発表:各県における、支援団体の活動事例
○パネルディスカッション:官民協働・住民参加を前提とした支援体制のあり方、民間支援団体の役割と可能性

モデレーター:兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科 教授 青田 良介氏

■お申込み方法:webサイトの申込フォームに必要事項を記入のうえ、お申込みください。
https://mri-project.smktg.jp/public/application/add/368

【お問い合わせ先】
(株)三菱総合研究所
担当:白戸・水野・小田嶋・宮川
TEL. 03-6705-6018
Email. seminar419@ml.mri.co.jp

※ 本シンポジウムは「平成30年度復興庁被災者支援コーディネート事業」の一環で実施しております。

 

Home > お知らせ > 2019/2/18 シンポジウム「被災地における支援体制のいま、これから ―復興・創生期間終了後の被災者支援のあり方について―」開催のご案内

ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ