Home > お知らせ | 教育コラム > 【最重要】遂に東北学院大学よりリリース 被災地の大学が、被災地からの視点で、そして大学や学問領域を超えて、震災を多角的に考え、発信する雑誌「震災学」発行のお知らせ

【最重要】遂に東北学院大学よりリリース 被災地の大学が、被災地からの視点で、そして大学や学問領域を超えて、震災を多角的に考え、発信する雑誌「震災学」発行のお知らせ

 遂に東北学院大学より、被災地の大学が、被災地からの視点で、そして大学や学問領域を超えて、震災を多角的に考え、発信する雑誌「震災学vol.1」を発行いたしました。7月20日(金)より、書店の店頭に並び始めましたので、是非お買い求め下さい。

 この「震災学」発行にあたっては、東北学院大学災害ボランティアステーション所長である佐々木俊三所長をはじめ、多数の東北学院大学災害ボランティアステーション所員である東北学院大学の教職員が関わり、また多くの外部の方々に執筆していただきました。大学としての知の役割であるアカデミックな内容であり、もちろん東北学院大学災害ボランティアステーションに触れられている掲載部分が多数出てきておりますので、よろしくお願いいたします。

 

 仙台市にある東北学院大学は震災直後、学内に災害ボランティアステーションを開設。全国の大学と連携し、被災地支援の拠点として活動を展開してきました。そんな被災地の大学が、被災地からの視点で、そして大学や学問領域を超えて、震災を多角的に考え、発信する雑誌を創刊します。

 言うまでもなく、「震災学」という学問が存在するわけではない。あるのは、私たちの前に突きつけられている「問い」だけである。「現場」とは何か、「現実」とは何か、この問いだけが私たちに突きつけられている。
震災学編集委員会「創刊に寄せて」より

 

執筆者・登場者:

[震災が問うた基礎的な諸問題]

内橋克人〈経済評論家〉

佐々木俊三〈東北学院大学教授〉

岡本仁宏〈関西学院大学教授〉

[被災地の現実]

 山中茂樹〈関西学院大学災害復興制度研究所〉

郭基煥〈東北学院大学准教授〉

寺島英弥〈河北新報社編集委員〉

川上直哉〈東北ヘルプ事務局長〉

[災害とボランティア]

似田貝香門〈東京大学名誉教授〉

齊藤康則〈東北学院大学准教授〉

阿部重樹〈東北学院大学教授〉

[唐桑の漁業と災害]

畠山重篤〈森は海の恋人理事長〉

村上教行〈イオンモール会長〉

星宮望〈東北学院大学学長〉

川島秀一〈神奈川大学大学院特任教授〉

植田今日子〈東北学院大学准教授〉

梅屋潔〈神戸大学大学院准教授〉

[災害とジャーナリズム]

八浪英明〈河北新報社デジタル編集部長〉

藤代裕之〈ジャーナリスト〉

【特別寄稿】 熊谷達也〈作家〉

発行◎東北学院大学
発売◎荒蝦夷 本体価格1800円+税(税込1,890円)
A5判320頁
ISBN978-4-904863-23-7

ご注文・ご予約は、荒蝦夷まで
FAX.022-298-8455
〒983-0803 仙台市宮城野区小田原2-2-27
第一飯田コーポ201 TEL&FAX.022-298-8455
http://homepage2.nifty.com/araemishi/

Home > お知らせ | 教育コラム > 【最重要】遂に東北学院大学よりリリース 被災地の大学が、被災地からの視点で、そして大学や学問領域を超えて、震災を多角的に考え、発信する雑誌「震災学」発行のお知らせ

ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ