Home > お知らせ > 公益財団法人せんだい男女共同参画財団主催シンポジウム「セクシュアルマイノリティの被災と支援」のご案内

公益財団法人せんだい男女共同参画財団主催シンポジウム「セクシュアルマイノリティの被災と支援」のご案内

 公益財団法人せんだい男女共同参画財団より、ご案内をいただきましたのでお知らせいたします。

  シンポジウム「セクシュアルマイノリティの被災と支援」 

 東日本大震災では、災害時に人権を守るためのさまざまな問題が表面化しました。
その中で、セクシュアルマイノリティ(性的少数者)も避難時や避難生活、日常生活の回復など各場面で多くの困難に直面しています。災害時にセクシュアルマイノリティ当事者が直面した困難は、その背景に、社会の中に未だ存在している固定的な性別役割による差別や偏見があるという点で、女性が直面した困難と根底で通ずるといえます。セクシュアルマイノリティの東日本大震災の被災状況と支援課題について、当事者や支援者からの報告を通して考えるシンポジウムです。性別・ジェンダーによる「差別や偏見」の無い、支援のあり方や生き方について一緒に考えてみませんか。
 

■会場 エル・ソーラ仙台  大研修室 AER(アエル)28F 
■開催日 2013年3月17日(日)
■開催時間 13:30~16:30
■講師・パネリスト 真木 柾鷹 氏(性と人権ネットワークESTO代表)
山下 梓  氏(ゲイジャパンニュース/岩手レインボー・ネットワーク)
小浜 耕治 氏(東北HIVコミュニケーションズ代表)
内田 有美 氏(セクシュアリティと人権を考える会会員)
■定員 70名
■参加費 無料
■申込方法 申込は不要です。
直接会場へお越しください。
■主催 ◎主催:セクシュアリティと人権を考える会
(公財)せんだい男女共同参画財団
■問合せ先 Eメール agenoあっとmgu.ac.jp(浅野)
※「あっと」を@に変えて送信してください。

Home > お知らせ > 公益財団法人せんだい男女共同参画財団主催シンポジウム「セクシュアルマイノリティの被災と支援」のご案内

ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ