Home > 活動報告 > 宮城県亘理町山元いちご農園での大学生マンドリンコンサート活動報告(学生レポート)

宮城県亘理町山元いちご農園での大学生マンドリンコンサート活動報告(学生レポート)

 2月24日(日)、宮城県亘理町の山元いちご農園において、東北学院大学の大学生がマンドリンコンサートを行ってきました。大学生より活動報告レポートをいただきましたので、お知らせいたします。

 平成25年2月24日(日)、東北学院大学プレクトラムソサエティーの10名で山元いちご農園とHITOHATA主催、東北の復興を宣言する「宣誓SENSEI~新たなる出発」というイベントに参加いたしました。

 今回はマンドリンコンサートの他にも、会場設営、会場スタッフ、炊き出しなど多くの作業にも手伝わせていただきました。今までのボランティアではマンドリンコンサートをして地域の皆さんと少し話をしてという形態だったので、今回のボランティアは慣れない作業に少し戸惑いましたが、それでも現場の人の指示に従ってスムーズに作業を行うことができました。

 マンドリンコンサートでは、「ドレミの唄」と「ハナミズキ」の2曲を演奏しました。「ドレミの唄」は子どもからお年寄りまで知られている、聴いていて元気が出てくる曲です。「ハナミズキ」も金メダルソングとして有名です。多くの人に演奏を聴いていただきたいと思い、有名なこの2曲を選曲いたしました。この日は生憎の雪で風がかなり強かったので、楽譜を譜面台にガムテープで固定し、譜面台の下には重りを乗せて演奏を行いました。また、寒さのせいで手が動かず演奏はなかなか思うように上手くできませんでした。それでも、農園に来た方々は最後まで真剣に聴いていただきました。

 今回、いつもより大変な作業でしたが、その分農園に来ていただいた子どもたちやお年寄りの笑顔が見ることができたことが何よりでした。今後もこのような機会がありましたら、是非参加させていただければと思います。ここから復興の旗を掲げて、一歩一歩進んで行こうと決意した「宣誓」イベント。みんなの想いが一つになった一日でした。

 最後になりましたが、今回の活動にあたり、早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンターの音楽ボランティアプロジェクト助成の活動サポートをいただきました。この度のサポートをいただきありがとうございました。

Home > 活動報告 > 宮城県亘理町山元いちご農園での大学生マンドリンコンサート活動報告(学生レポート)

ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ