Home > 【夏ボラ】夏季集中ボランティア活動

【夏ボラ】夏季集中ボランティア活動

【2015夏ボラ】大学間連携災害ボランティアネットワーク夏季集中ボランティア活動
「虫の目のボランティア」実施のご案内

2015夏ボラ実施チラシこの度、表題の件における日本全国の大学の学生とボランティア活動を実施いたします。
概要の詳細が決まりましたので、お伝えいたします。

 

平成27年度夏ボラタイトル

「虫の目のボランティア」

開催主旨の設定

東日本大震災から5年目を迎えた現在、被災地にボランティアにやってくる人の数は大きく減少しています。しかし、このことは必ずしもボランティア・ニーズがないということを意味するわけではありません。

被災地の復興状況は場所や人によって大きく異なっています。その個々の場所や、それぞれの事情を抱えた個人に目を凝らし、耳を澄ませば、いたるところで、私たちの行動が求められていることに気づきます。東北学院大学災害ボランティアステーションのスタッフは、今回の夏ボラの準備のために現場に何度も足を運ぶ中で、そのことを実感してきました。
小さな虫が草むらに分け入ったとき、対処すべき事態が無数にあるのを発見するのと同じように、ボランティアが被災地の個々の場所へ、あるいは人の中へ深く入り込み、細部への感受性を研ぎ澄ませれば、求められる行動がいくつもあることを知ることになります。
被災地の中の場所や人が、語らずに発しているような「声」を聴き、それに行動で応答する――それが今回、私たちが今回の夏ボラで心がけたいと考えていることです。
一人一人のボランティア参加者が見聞きする現実は、全体の一部に過ぎません。また、一人一人ができることもわずかなことでしかありません。しかし、一つ一つの場所や個人の状況が少しずつ改善されていくという道のりの果て、個々の状況への繊細な応答の果てに、全体の復興は見えてくる、と私たちは信じています。
もちろん私たちは、被災地域の全般的な状況や時間の推移と共に起こっている諸変化にも留意すべきだと考えています。そのため現場をよく知り、全体を俯瞰できるような被災地の「語り部」の話を聞くプログラムも用意しています。これによって、細部への感受性がより研ぎ澄まされると信じています。
多くの方が、虫の目をもって被災地に入り、その目が捉えた現実に行動で応答すること、さらに行動する中でさらに深く現実を知ること、そのようにして捉えられた現実を各々の地域に伝えてくれることを私たちは強く願っています。

東北学院大学災害ボランティアステーション・スタッフ一同

 

夏ボランティア活動プロジェクト内容

1.陸前高田市プロジェクト

活動内容 陸前高田市内での畑の再生活動
活動期間 2015年8月4日(火)~8月7日(金)3泊4日として1クール
集合日時 8月4日(火)8時00分、東北学院大学土樋キャンパス集合
解散日時 8月7日(金)18時00分、東北学院大学土樋キャンパス解散
参加人数 桜美林大学、中央大学、名古屋学院大学、広島修道大学、明治学院大学、早稲田大学、東北学院大学の7大学33名が参加

2.石巻市雄勝町プロジェクト

活動内容 石巻市雄勝町における花壇整備、灯篭流しのイベント補助
活動期間 2015年8月13日(木)~8月15日(土)2泊3日として1クール
集合日時 8月13日(木)8時45分、東北学院大学土樋キャンパス集合
解散日時 8月15日(土)15時00分、東北学院大学土樋キャンパス 解散
参加人数 関東学院大学、神戸学院大学、鈴鹿医療科学大学、中央大学、東北公益文科大学、広島修道大学、麗澤大学、早稲田大学、東北学院大学の9大学30名が参加

3.亘理郡山元町プロジェクト

活動内容 山元町で被災地農地復興支援活動、集いの場・牧場「夢ファーム」運営活動
活動期間 2015年8月20日(木)~8月23日(日)山元町
集合日時 8月20日(木)9時00分、東北学院大学土樋キャンパス集合
解散日時 8月23日(日)17時00分、東北学院大学土樋キャンパス 解散
参加人数 神戸学院大学、西南学院大学、中央大学、同志社大学、東北公益文科大学、広島修道大学、早稲田大学、東北学院大学の8大学43名が参加

4.気仙沼市プロジェクト

活動内容 気仙沼市内での海岸清掃活動、唐桑町での漁業支援活動
活動期間 8月24日(月)~8月27日(木)3泊4日として1クール
集合日時 8月24日(月)8時00分、東北学院大学土樋キャンパス集合
解散日時 8月27日(木)18時00分、東北学院大学土樋キャンパス解散
参加人数 桜美林大学、沖縄国際大学、大阪学院大学、神戸学院大学、西南学院大学、高崎健康福祉大学、中央大学、東北公益文科大学、広島修道大学、明治学院大学、立命館大学、麗澤大学、早稲田大学、東北学院大学の14大学75名が参加

5.石巻市牡鹿半島プロジェクト

活動内容 石巻牡鹿半島での漁業支援活動(殻こ刺し、ワカメのパック詰め、除草活動等)
活動期間 2015年8月30日(日)~9月1日(火)
集合日時 8月30日(日)8時30分、東北学院大学土樋キャンパス集合
解散日時 9月1日(火)17時00分、東北学院大学土樋キャンパス 解散
参加人数 43名
参加大学 追手門学院大学、桜美林大学、神戸学院大学、中央大学、東北公益文科大学、広島修道大学、立命館大学、麗澤大学、早稲田大学、東北学院大学の10大学が参加

 

上記各プロジェクト実施に関しての共通方針

  • 今回、東北学院大学災害ボランティアステーションの学生がメインとなってプログラム内容準備をしております。活動当日も日本全国の大学の学生さんと一緒に活動とプロジェクトの運営を進めていきたいと思っております。学生間の協働活動がメインのプロジェクトとなっております。
  • 各プロジェクトに、オリエンテーション、語り部等による座学がプログラム内容を予定しております。また、毎晩、学生間よる振り返り、復興に関わる話し合いを行うミーティングを行います。
  • 各プロジェクトの参加人数には若干名の教職員も含まれております。また、現段階での参加人数予定ですので、若干の人数変動は発生する可能性があります。

本件に関するお問い合わせ

2015夏ボラ実行委員会事務局担当:
東北学院大学災害ボランティアステーション
電話:022-264-6521 FAX:022-264-6522
e-mail:tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp

 

バックナンバー

2012夏ボラ 夏季集中ボランティア:震災と向き合う夏合宿
2013夏ボラ 夏季集中ボランティア:「メッセンジャー」としてのボランティア活動
2014夏ボラ 夏季集中ボランティア:「関係」の中に飛び込む夏ボラ

Home > 【夏ボラ】夏季集中ボランティア活動

ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ