Home > 東北学院大学災害ボランティアステーションのご紹介 > 活動の取組紹介

活動の取組紹介

(1)本学のステーションが現在までに取り組んだ主な活動

  • 県・市・区に設置された災害ボランティアセンター(宮城県、仙台市(5区役所も含む)、多賀城市、塩竃市、石巻市など)とのボランティア活動連携(本学からセンターへ学生を紹介するなど)
  • 汚泥除去、屋外清掃活動(仙台市若林区、石巻市、名取市、亘理町など)
  • 仙台駅東口での臨時バス誘導(多賀城市)
  • 避難所から仮設住宅へ引越作業(塩竃市)
  • 避難所のこどもへの絵本の読み聞かせ・遊び相手(多賀城市)
  • 河北新報社の東日本大震災報道震写真集の英訳作業(英訳作業の写真集は、写真集英訳版やアメリカで開催される写真展などで使用)
  • アメリカの大学生や子どもたちから届いた被災地子どもへのお手紙メッセージ和訳作業(和訳作業のお手紙は、被災地の子どもたちに)
  • ブルガリア大使・ブルガリア国民的歌手との協同復興交流イベント開催(東松島市の中学生へ)
  • サッカー日本代表細貝選手との協同復興交流イベント開催(仙台市若林区の小学生へ)
  • 高齢者のお話し相手を目的とした、肩もみボランティア活動(多賀城市)
  • 仙台放送まつり、東北ITソリューションズ2011などの各企業のイベントでの震災復興ポスターセッション(仙台市)
  • プロレスラー蝶野正洋選手との震災復興チャリティイベント(仙台市若林区)
  • ベトナムの高校生やオーストラリア大学生との復興交流ワークショップ開催
  • 気仙沼市仮設住宅支援活動:茶話会、炊き出し、ウォーキングイベントなど
  • 七ヶ浜町仮設住宅支援活動:足湯ボランティア活動、子どもの遊び相手など
  • 亘理町・山元町仮設住宅支援:ストレッチ運動、音楽コンサートなど
  • 仙台市若林区仮設住宅支援:草取り、茶話会、夏祭りの開催など

(2)組織間連携による主な活動の取組

①情報レンジャー@宮城

公益社団法人助けあいジャパンと宮城県震災復興企画部と東北学院大学の官学民協議体(事業を推進する母体)の事業。(事業運営設計をする会議体として、河北新報社+JTB東北+電通東北復興サポートネットワークも参画)

復興のための正しい情報やニーズを届ける、ITスキルのプロ集団とタッグを組んで動画を配信するプロジェクトです。(動画は毎日Web上で配信中)

②情報ボランティア@仙台

河北新報社と一般社団法人ワカツクと東北学院大学の三者で立ち上げたボランティア活動者のヒューマンストーリーや被災地の今を言語で伝えるプロジェクトです。プロの記者と大学生がタッグを組んで記事を書いております。現在は、「復興大学災害ボランティアステーション」の取組として、宮城県の大学生が参加しております。(河北新報社「ふらっと」内ボランティア活動報告コーナー「絆」でブログとして配信、河北新報紙面で掲載)

③六郷・七郷コミネット

地域のコミュニティ再生をテーマとして、仙台市若林区区役所、若林区中央市民センター、社会福祉協議会、NPO、企業、教育機関などの様々な組織の連合ネットワーク。官民問わずあらゆる機関・団体がゆるやかな連携を保ち、情報を共有しながら、各機関・団体間の連携をサポートするとともに、地域課題や被災者ニーズの把握とその解決に向けた各団体の動きをコーディネートし地域の復興・まちづくりに資する活動を行っていくネットワーク組織です。ともすればバラバラになりがちな被災者支援に関し、NPO、民間企業、行政等の連携と情報共有を図り、協働により必要とされる適切な支援を効果的に実施していくことを目的としています。

④ボランティア・市民活動ネットワーク

仙台市社会福祉協議会立ち上げた中間・後方支援組織のネットワーク

⑤復興の輪ミーティング

仙台市若林区社会福祉協議会が立ち上げたネットワークで、被災された皆さんの周りにゆるやかな輪を作り、それぞれの知恵や経験を出し合い、課題を共有することで一日も早く、あの懐かしい若林区の平和な日々が取り戻せるように、月1回程度のミーティングの開催、メーリングリストによる情報共有を行っています。

⑥復興インターンシップ

大学生のキャリア・スキルアップ育成も検討して取り入れた、座学とボランティア活動を取り入れた短期集中型のインターンです。NPO・企業が社会的企業人材創出インターンシップ事業(内閣府復興支援型地域社会雇用創造事業採択)の一環として実施している事業に大学生が参加しております。(NPO法人ETIC、河北新報社、NPO法人20世紀アーカイブ仙台)

関連リンク

Home > 東北学院大学災害ボランティアステーションのご紹介 > 活動の取組紹介

ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ