東北学院大学

Language

経済学部

教員紹介

大塚 芳宏 准教授

テーマ
データを読み解く

情報化社会の進展により、私たちは、色々な種類のデータを入手できるようになりました。近年、ビッグデータやデータサイエンティストという言葉に代表されるように企業の経営戦略策定では、如何にしてデータという情報を有効活用するかが重要視されてきています。それゆえ、データ分析のニーズが高まっています。当ゼミナールでは、分析に必要となる統計的手法や計量経済分析について理解を深め、経済現象およびデータに対して数量的分析が行えるようになってもらうことを目的とします。

目標

様々なデータを取り扱うことで、各自の目的に応じたデータを探すことができる。そして、分析における基礎能力を習得し、プレゼンテーションを練習していくことで、複数の人に対して、自分の考えや分析結果を伝えられることを目標とします。

授業内容
演習Ⅰ 2年次は、データ分析に関するテキストを輪読し、発表してもらいます。テキストはビジネスでも応用可能な入門的な内容のものとします。また、分析手法に関する事例は、テキストの結果を再現できるようにするために、エクセル等のアプリケーションの操作方法も指導し、実践力の養成していきます。そして、年度末に各自が決めたテーマについてレポートを作成し、発表をしてもらいます。
演習Ⅱ 3年次は、計量経済学や経済統計に関するテキストを用いて、専門的知識をより深めていくことを目標とします。また、グループないし個人で研究テーマを決定してもらい、実証分析のレポートを作成してもらいます。そして、受講生の希望に合わせて、他大学との研究会や企業見学会を開催し、知見を深めてもらいます。
演習Ⅲ 4年次は、論文という形式で、自己の考え、分析および結果をまとめられる事を目指します。テーマや取り扱うデータについては、経済学の範囲ならばどのようなものでも構いません。そして、年度末に開催する報告会において、研究成果を発表してもらいます。