2015/5/30 東北学院大学災害ボランティアステーション共催・復興大学災害ボランティアステーション後援 ゆいっこのつどい宮城の地域福祉を考える会セミナー「ゆいっこ」~宮城の新しいカタチの地域福祉をめざして~参加者募集のご案内

このたび、東北学院大学災害ボランティアステーション共催、復興大学災害ボランティアステーション後援で、任意団体ゆいっこのつどい宮城の地域福祉を考える会主催のセミナーを開催いたします。どなたでも参加が可能ですので、是非ご参加ください。

 

20150530ゆいっこ

ゆいっこつどいチラシ(最新版)

ゆいっこのつどい宮城の地域福祉を考える会「ゆいっこ」~宮城の新しいカタチの地域福祉をめざして~

 

わたしたちが目指す「地域福祉」
私たちが暮らす日本にある、地域福祉活動の原点とも言える「結い」や「講」の文化。それは、地区内や近隣同士の助け合い・支え合いを基本に、共に生きていくためのルールや約束をつくり、その地区にいる誰もが「家族」のように暮らしていました。
今の日本社会においては、核家族化や高度経済成長と共に地域のカタチ、家族のカタチが変化してきています。しかし、東日本大震災においては、これまで培われてきた「結い」の精神が少なからず活かされました。
わたしたちと一緒に、これまで培われてきた「結い」の精神をこれからの新しい「YUi」へつなぎ、宮城における新しいカタチの地域福祉を「共に考え・共に学び・共に実践」していきましょう。

開催日時:
5月30日(土) 10:00~16:30

開催場所:東北学院大学 土樋キャンパス 5号館5階第1・第2会議室
(〒980-8511  仙台市青葉区土樋一丁目3-1)
会場には、駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用いただくか、近隣駐車場をご利用ください。

プログラム:
10:00~ 受 付
10:30~ 開 会 / 開会あいさつ
10:40~ これまでの「ゆいっこ」活動経緯
12:00~ 昼 食 / 休 憩
11:15~ 話題提供「これからの地域福祉の動向」
宮城の地域福祉を考える会「ゆいっこ」
アドバイザー 本 間 照 雄 氏
アドバイザー 桑 原 英 文 氏
13:00~ グループトーク
「これからの地域福祉のカタチ」
*みなさんで地域福祉の新しいカタチを見つけます!
16:30~ 閉 会 / 閉会あいさつ
※ご都合のよろしい方は、懇親会へご参加下さい。

申込方法:
5月22日(金)まで、下記メール又はフェイスブックページからお申込み下さい。
メールcoco.yui.project@gmail.com
検索
宮城の地域福祉を考える会「ゆいっこ」

主催:
宮城の地域福祉を考える会「ゆいっこ」

共催:
東北学院大学災害ボランティアステーション

後援:
復興大学災害ボランティアステーション

※わたしたちのプロジェクト「coco結プロジェクト」とは

コミュニケーション・コミュニティ・ココ!宮城における新しい地域福祉のカタチ

「coco結プロジェクト」
私たちは、宮城における新しいカタチの地域福祉を
創るため、「coco結プロジェクト」として、社会福祉協議会やNPO、地域福祉関係団体の方々と連携しながら、私たちが考える「地域福祉」を実践しながら「宮城における新しい地域福祉のカタチ」を創ります。
宮城の地域福祉を考える会「ゆいっこ」幹事
代表幹事 北川進
副代表幹事 岡本圭一郎・菅原清香
幹事 須田めぐみ・永沼威雄・鹿野渉・大塚潮・伊藤善和・布田絵美
アドバイザー 本間照雄・桒原英文

 

 

 

 

 

復興大学

復興大学

大学間連携ボランティアシンポジウム

大学間連携ボランティアシンポジウム

夏ボラ 2019

夏ボラ 2019

震災と文学

震災と文学

震災学

震災学

facebook

facebook