関西学院大学と東北学院大学の学生間の活動報告

 6月17日から18日にかけて、関西学院大学の学生が本学災害ボランティアステーションを訪れ、学生間での活動を中心に行いました。本学災害ボランティアステーションの運営スタッフとして、物資の仕分け作業、東北復興創生事業内橋克人氏シンポジウムの運営スタッフ等、様々なかたちで協働で活動を行いました。
 そして、関西学院大学学生が今回訪れた大きな目的である、日本の広域にわたる大学生間の災害復興ネットワーク形成について、学生間でミーティングを行いました。
 このネットワークは、5月27日に開催された、10大学参加の大学間連携による災害ボランティア活動ワークショップ、学生同士の情報交換会で、ネットワークを形成する方向が決定したものです。
 今回のミーティングでは、今後の活動計画や組織体制整備について検討したとのことでした。既にこの学生間のネットワークについての名称も決まっており、近日中にはホームページが設立されるようです。
 
 関西学院大学の学生の皆さん、いろいろと今回一緒に活動していただきありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

 


 
 

復興大学

復興大学

大学間連携ボランティアシンポジウム

大学間連携ボランティアシンポジウム

夏ボラ 2019

夏ボラ 2019

震災と文学

震災と文学

震災学

震災学

facebook

facebook