2016/3/12 仙台防災未来フォーラム2016「市民の防災枠組~マチノワを創るために~」セッションで東北学院大学災害ボランティアステーション職員スタッフもパネリストとして登壇

平成28年3月12日(土)、仙台国際センターにて仙台防災未来フォーラム2016が開催されます。その中のプログラム、「市民の防災枠組~マチノワを創るために~」セッションで東北学院大学災害ボランティアステーション職員スタッフの其田雅美も登壇させていただくこととなりました。
このセッションは申込制となっておりますが、当日参加も可能ですので、是非ご参加ください。

21060312マチノワセッション

20160312マチノワ

「<3.11から5年。復興、防災・減災の取り組みを未来へ>

仙台防災未来フォーラム2016
テーマセッション 市民の防災枠組 ~マチノワを創るために~」

 

「第3回国連防災世界会議」の開催から1周年の機会に、仙台・東北で復興や防災・減災に取り組んできた市民、行政、研究機関の関係者等が集う、「仙台防災未来フォーラム2016」が開催されます。                ここでは活動事例などを発表するともに、国連防災世界会議で採択された国際的な防災指針である「仙台防災枠組2015-2030」を踏まえたそれぞれの今後の活動の方向性や課題を話し合い、仙台・東北から未来に貢献する防災推進のために、何ができるのかについて考え、発信します。

このフォーラムの中で、当センターが主催するテーマセッション「市民の防災枠組 ~マチノワを創るために~」
では、国連防災世界会議で採択された「仙台防災枠組2015-2030」を理解し、団体や市民が自分たちの取組みと重ねあわせ、市民の防災枠組として持続可能なまちづくりを考える場を開催します。地域団体やNPOによる防災・減災についての事例発表と参加者間での体験ワークショップやダイアログを通し、市民が市民のための防災枠組として持続可能な街を考えます。

日時:2016年3月12日(土)11時~15時半
会場:仙台国際センター会議棟/小会議室2

○ファーストセッション パネルディスカッション
 震災から5年―活動の変化とこれから―
東日本大震災から5年の変化と、持続可能なまちを創るために必要な事は何かを考えながら、NPO,町内会の活動者に防災・減災についての事例発表と参加者間でダイアログを開催します。

コーディネーター :池座 剛 氏 / 東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)
パネリスト :
伊藤 友啓氏 / 公益財団法人宮城県国際化協会
小椋 亘 氏 / CILたすけっと
及川 智 氏 / 被災地障害センターみやぎ 代表
菅原 清香 氏 / 一般社団法人 コミュニティ・4・チルドレン
高橋 悦子 氏 / 6・7コミネットサロン部会
特定非営利活動法人冒険あそび場せんだい・みやぎネットワーク 理事

○セカンドセッション
 つながる 深める ダイアログ・ワークショップーマチノワを実現ー

ファーストセッションを踏まえ、参加者全員で防災・減災ワークショップを体験し、学びと気づきを深めます。そこから、仙台防災枠組を自分事として捉え、持続可能なまちづくりに必要な連携や心構えを共有します。

コーディネーター:池座 剛 氏 / 東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)                              菅原 清香 氏 / 一般社団法人 コミュニティ・4・チルドレン

パネリスト:
金ヶ崎 政伸 氏 / 仙台青年会議所 第64代理事長
其田 雅美 氏 / 大学間連携災害ボランティアネットワーク事務局
東北学院大学ボランティアステーション 担当
早川 敏 氏 / 仙台市社会福祉協議会
菊地 竜生 /  仙台市市民活動サポートセンター センター長

***********************************

参加費:無料
*お席に限りがございますので、お申込みはお早目にお願い致します。
申込み:以下の項目を明記のうえ、下記の宛先までお送りください。

1お名前、 2ご所属、 3ご住所、 4電話番号、 5ファクス番号・メールアドレス

申込み先:E-mail:minmin@minmin.org
FAX:022-264-1209
申し込みフォームはこちら↓↓からご覧いただけます。

申込みフォーム

チラシ

お問い合わせは、当センターにお気軽にご連絡ください。

[お問い合わせ先] 特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター
TEL.022-264-1281 FAX.022-264-1209 minmin@minmin.org
担当:伊藤、鈴木

復興大学

復興大学

大学間連携ボランティアシンポジウム

大学間連携ボランティアシンポジウム

夏ボラ 2019

夏ボラ 2019

震災と文学

震災と文学

震災学

震災学

facebook

facebook