【宮城県地域ボラ募集】2019/10/6 宮城県栗原市有壁地区での援農ボランティア活動者募集のご案内

宮城県農政部農山漁村なりわい課よりご案内をいただきましたのでお知らせいたします。

栗原市有壁は,今から約1300年前に日照りによる水不足で米作りに困っていた里人のため,鎮守将軍藤原アサカリが京都から貴船神社を勧請し,雨が降るようお祈りをした里です。その後も,数々の武将にまつわる伝承が多く残っています。

古い歴史をもつ有壁集落では農地整備がされていない圃場も多く,圃場整備に向けて話し合いを進めており,圃場整備をきっかけとして,酒米作りの他,そばの栽培を増やすことや環境に配慮した田んぼづくりを目指しています。

美しい自然の中で地域の方々と交流しながら,農作業体験を楽しみませんか。

たくさんの方々の参加をお待ちしております。

詳細は以下のPDFデータのチラシをご覧ください。

R1.10.6 有壁チラシ(完成版)

復興大学

復興大学

大学間連携ボランティアシンポジウム

大学間連携ボランティアシンポジウム

夏ボラ 2019

夏ボラ 2019

震災と文学

震災と文学

震災学

震災学

facebook

facebook