仙台市若林区荒井地区活動報告

4月2日(土)、仙台市荒井地区での活動報告です。参加教員2名、学生3名。

8:30 東北学院大学土樋キャンパス集合

大学のワゴン車(ボランティア支援、災害物資運搬用)で七郷小学校へ移動。道具類はすべて持参。

9:45

七郷小学校で日本キリスト教団東北教区被災者支援センターの野田牧師、メンセンディーク先生が率いる約15名の学生たちと合流。学生は関東、仙台などから集まっているとのこと。

仙台東部道路直下の警察の検問を通り、若林区荒井地区へ移動。

10:15分頃

荒井地区区長Sさん自宅前で、朝の打ち合わせ。Sさんが、周囲の家数軒にボランティアを 2〜4名ずつ割り当てる。

作業内容

家の周囲の側溝のヘドロ撤去。女性のボランティアも参加。この作業に携わった教員は1時間ほどで、腰の調子が……。

作業内容

作業場のヘドロ撤去(Sさんの許可を得て撮影)。

作業内容

作業場のヘドロ撤去(Sさんの許可を得て撮影)。このほか、自宅の畳、ピアノ、洗濯機、食器棚などの家具撤収、ヘドロの除去も行う。

現場周辺

流された車、樹木、草木で田畑が覆われている。現場近くで自衛隊が遺体捜索を行っている。

15:00

予定した作業を終了。Sさんご一家から感謝のおことばをいただき、撤収。

16:00

東北学院大学土樋キャンパスに到着。道具を洗い、活動を終了。

※現場に移動するには、大学のマイクロバスまたはバンを使用できることになりました。作業に必要な安全靴やグローブなども災害ボランティアステーション に揃うようになってきました。被災者のために喜んでヘドロにまみれるつもりがあれば、装備等のことはご心配なく、一度、災害ボランティアステーションに 足を運んでください。女性も歓迎です(ただ腰の弱い人は要注意かも)。なお、瓦礫撤去以外のボランティア要請もあります。

復興大学

復興大学

大学間連携ボランティアシンポジウム

大学間連携ボランティアシンポジウム

夏ボラ 2019

夏ボラ 2019

震災と文学

震災と文学

震災学

震災学

facebook

facebook