2022/7/2「みやぎボイス2022-災害が日常になった今-」開催のご案内(東北学院大学災害ボランティアステーション後援)

みやぎボイス連絡協議会からご案内をいただきましたのでお知らせいたします。
なお、「みやぎボイス2022-災害が日常になった今-」開催につきまして、東北学院大学災害ボランティアステーションも後援させていただいております。
無料となっておりますので、是非ご参加ください。

みやぎボイス2022を開催します。7月2日土曜日、配信会場はせんだいメディアテークです。ラウンドテーブルでの直接参加と、遠隔リモート参加の双方向型ディスカッションを行います。
10回目となるみやぎボイス2022のテーマは、「災害が日常になった今」です。東日本大震災からの復興まちづくりを共有してきたみやぎボイスのプラットフォームを活かして、記録と検証の視点を持ちながら、災害とは、地域とは、復興とは、まちづくりとは、そしてその主体とは、を考え、まちづくりと人づくりに活かして行く場にします。
シンポジウム後は、報告書として国・県・自治体、教育研究機関、図書館に寄贈するとともに広く社会に発信し、東日本大震災からの復興まちづくりのアーカイブとします。
これまでの関係各位のみやぎボイスの運営へのご協力・ご支援に感謝します。引き続き、みやぎボイス2022への参画とご支援をお願いいたします。
■開催日時
2022年7月2日(土)11:00-18:30
■開催場所
せんだいメディアテーク1F
オープンスクエア+ZOOM会議室
■プログラム
11:00 開会・趣旨説明
11:15 オープニングトーク
12:15 ラウンドテーブル前半スタート
15:00 ラウンドテーブル前半総括
15:15 休憩
15:30 ラウンドテーブル後半スタート
18:15 ラウンドテーブル後半総括
18:30 閉会挨拶
■ラウンドテーブル
<前半>
テーブルA 空間とコミュニティ形成
テーブルB 災害が日常になった今 レジリエンスを考える
テーブルC 復興支援員制度を振り返り未来へ繋げる
<後半>
テーブルD 復興検証
テーブルE 災害危険区域、居住地選択の自由について
テーブルF 災害復興における地域と当事者の範囲を考える
■参加申込方法(事前申し込み制)
下記専用の申込フォームにて必要事項のご登録をお願いします。ご登録いただいた方へは、オンライン会議参加用IDパスワードを6月30日より登録されたE-Mailアドレス宛にお送りいたします。
申込締切:6月29日(水)
<申し込みフォーム>
https://www.jia-tohoku.org/archives/3494
■注意事項
※プログラム及びラウンドテーブルテーマは予定です。構成は変更することがあります。
※一般の方はオンライン会議システム「ZOOM」よりご参加いただけます(参加費無料)。せんだいメディアテーク内の配信会場からはご参加頂けませんのでご注意ください。
■主催
みやぎボイス連絡協議会
(公益社団法人日本建築家協会東北支部宮城地域会/一般社団法人みやぎ連携復興センター/一般社団法人東北圏地域づくりコンソーシアム/宮城県災害復興支援士業連絡会)
■お問い合わせ先
公益社団法人日本建築家協会(JIA)東北支部宮城地域会
仙台市青葉区一番町4-4-1 オークツリー一番町4F
email miyagi@jia-tohoku.org

復興大学

復興大学

大学間連携ボランティアシンポジウム

大学間連携ボランティアシンポジウム

夏ボラ 2019

夏ボラ 2019

震災と文学

震災と文学

震災学

震災学

facebook

facebook