2022/12/11 みやぎNPOプラザ主催フォーラム「NPOと協力のテクノロジー“異なる人”と協力するために」ご案内

みやぎNPOプラザよりご案内をいただきましたのでお知らせいたします。

本日は、当館で開催いたします「みやぎNPOフォーラム2022」のご案内でご連絡いたしました。
今年のテーマは、「NPOと協力のテクノロジー~「異なる人」と協力するために」です。
協働の重要性が叫ばれる昨今ですが、異なる立場や想いの人達と協力し成果をあげることに、難しさを感じる方もいらっしゃると思います。
そこで、各々の考え方や価値観の違いはそのままに、同じ目的に向かって協力(協働)するために開発された「協力のテクノロジー」をもとに、双方にとって無理なく、かつ成果をあげられる協力のあり方を探ります。
講師には、開発者で『協力のテクノロジー 関係者の相利をはかるマネジメント』著者の、松原明さんをお招きします。
また、NPO法人おおさき地域創造研究会の小玉さんには、様々な立場の人達との「対話」にこだわって取り組んできたまちづくりの活動をご紹介いただきます。
お忙しい時期とは存じますが、ぜひご参加いただき、今後の活動にお役立ていただけますと幸いです。
フォーラム詳細は以下のとおりです。

——————————————————————–
みやぎNPOフォーラム2022
NPOと協力のテクノロジー 「異なる人」と協力するために
——————————————————————–

■プログラム
◆講演「協力のテクノロジー
~「違う」を大切に協力できる地域をつくる」

2022年4月に発行された松原さんの書籍『協力のテクノロジー関係者の相利をはかるマネジメント』では、価値観が超過する現代において、「違う」者同士が力を合わせる協力は、誰もが習得できる技術として体系的に説明しています。
市民活動が社会を変える力は「協力」だと語る松原さん。誰もがすぐに実践できる協力のヒントを伝授してもらいます。
講師:松原明さん(協力世界代表)
◆事例紹介「ステークホルダーとの話し合いの場を経験して」
「大崎市話し合う協働のまちづくり条例」があります。
「まちはみんなでつくるもの」を合言葉に、ステークホルダーとの
話し合いにこだわりながら、活動を続ける工夫などを紹介します。
ゲスト:小玉順子さん(NPO法人おおさき地域創造研究会事務局長)
◆フリートーク
意見交換しながら、協力をさらに深掘りしましょう!
◆交流会
名刺交換などで交流を深めましょう。
書籍『協力のテクノロジー』も販売します。(松原さんサイン会あり!)

————————————————————

■日時・会場など
日 時:12月11日(日)13:30~16:30
(16:00~16:30会場参加者のみ交流会)
会 場:みやぎNPOプラザ 交流サロン
定 員:会場25名(先着順)/Zoom25名
参加費:無料
対 象:関心のある方ならどなたでも
主 催:宮城県(みやぎNPOプラザ)
企画・実施:認定NPO法人杜の伝言板ゆるる
詳細は、みやぎNPO情報ネットでもご案内しています!
https://www.miyagi-npo.gr.jp/plaza/jigyou/2022_npoforum.html

————————————————————

■お申込方法
できるだけ、下記URLの申込フォームからのお申込にご協力ください。
https://forms.gle/DwyY9Rp9mqbmL7VHA
また以下の欄に入力の上、このメールにご返信いただくか、
TEL、FAX、来館でのお申込みも受付しております。

≪お申込み入力欄≫
・お名前:
・所属団体名:
・参加方法(どちらかを選択): 会場 ・ Zoom
・Email(Zoomの方必須):
・TEL:
・FAX:
・講師やゲストに聞いてみたいこと:

————————————————————-

ご不明なことなどがありましたら、お気軽にお問合せください。
Zoom接続が不安な方は、事前の接続(操作)確認も可能ですので、遠慮なくお声がけください。
また、関心のある方がいらっしゃいましたら、ぜひフォーラムをご案内いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

————————————————————

みやぎNPOプラザ
〒983-0851 宮城県仙台市宮城野区榴ケ岡5
TEL:022-256-0505 FAX:022-256-0533
e-mail:npo@miyagi-npo.gr.jp
URL:https://www.miyagi-npo.gr.jp/
【指定管理】特定非営利活動法人杜の伝言板ゆるる

———————————————————–

復興大学

復興大学

大学間連携ボランティアシンポジウム

大学間連携ボランティアシンポジウム

夏ボラ 2019

夏ボラ 2019

震災と文学

震災と文学

震災学

震災学

facebook

facebook