「図書館総合展フォーラム2012 in 仙台」開催のご案内

  ㈱カルチャー・ジャパン様よりご案内をいただきましたので、お知らせいたします。

拝啓 時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。雄松堂グループであり「図書館総合展」を企画・運営しております㈱カルチャー・ジャパンは下記日程にて「図書館総合展フォーラム2012 in 仙台」を開催いたします。

 今回開催されるフォーラムは東日本大震災の惨禍を記録し、今後の防災・減災につなげるために考えられる博物館・美術館(Museum)、文書館(Archives)、図書館(Library)、大学(University)、産業(Industry)の連携方策を検討し、すでに東北各地を中心に取り組まれているアーカイブ構築への社会的な関心を喚起し、関与
を促進することを目的に下記の通り開催いたします。座席数に限りがございますのでご希望の方は下記図書館総合展公式ウェブサイトからお申込みくださいますようお願い申し上げます。

敬具

 

「図書館総合展フォーラム2012 in 仙台」図書館政策フォーラム2012「東日本大震災とMALUI連携」

2012年5月27日(日)13:00~17:00(開場12:30)

会場:東北大学マルチメディア教育研究棟(川内北キャンパス)マルチメディアホール

http://www2.he.tohoku.ac.jp/center/mm_intro/mm_intro.html

定員:400名

主催:図書館総合展運営委員会・東北大学附属図書館

後援:総務省/文部科学省/経済産業省/国立国会図書館/河北新報社

協力:みちのく図書館員連合(MULU)

開会挨拶:奥山恵美子(仙台市長)

<第1部>
招待講演:
・大滝則忠(国立国会図書館長)
 「MALUI連携に向けて-国立国会図書館としての役割」
事例報告:
・今村文彦(東北大学大学災害科学国際研究所教授)
 「震災と大学-東北大学の取組みから」
・高田正之(ヤフー株式会社R&D 統括本部 FE 開発2 本部 開発1部 部長)
 「震災と企業-東日本大震災 写真保存プロジェクトの経験から」
・長坂俊成(防災科学技術研究所 防災システム研究センター リスク研究グループ
長)
 「3.11まるごとアーカイブからMALUIに期待すること」

<第2部>
パネルディスカッション「東日本大震災とMALUI連携」
パネリスト:

・白石牧子(総務省 情報流通行政局 情報流通振興課 制度係長)
・中山正樹(国立国会図書館電子情報部 部長)
・今村文彦(東北大学大学災害科学国際研究所教授)
・高田正之(ヤフー株式会社R&D 統括本部 FE 開発2 本部 開発1部 部長)
・長坂俊成(防災科学技術研究所 防災システム研究センター リスク研究グループ
長)
司会:
・甲斐賢治(せんだいメディアテーク 企画・活動支援室 室長)

図書館総合展公式ウェブサイト: <http://www.libraryfair.jp/>
http://www.libraryfair.jp/

 翌28日(月)東北の被災地を巡るオプショナルツアーを開催いたしますので、東北地区のみならず、各方面の図書館関係者の皆様のご参加申込みをお待ち申し上げます。

申込は公式ウェブサイト: <http://2012.libraryfair.jp/node/287>
http://2012.libraryfair.jp/node/287

復興大学

復興大学

大学間連携ボランティアシンポジウム

大学間連携ボランティアシンポジウム

夏ボラ 2019

夏ボラ 2019

震災と文学

震災と文学

震災学

震災学

facebook

facebook