明治学院大学と本学の連携ボランティア活動報告

4月25日(月)から4月28日(木)の4日間、明治学院大学の学生・教職員と本学の学生・教職員との合同ボランティア活動を行いました。

取り組んだ活動内容は、海外からの被災地に向けてのメッセージ和訳・河北新報写真集の英訳作業、子ども絵本の読み聞かせ、避難所物資保管倉庫の片づけ、本学ステーション運営、仙台市災害ボランティアセンターでの活動等、多種多様な活動に取り組みました。

4月28日(木)最終日の活動総括ミーティングでは、参加した学生さんの活動振り返り報告と、今後の両大学活動内容を検討いたしました。今後の具体的な活動内容案としては、明治学院大学白金キャンパスにおいて、和訳した海外からの被災地向けてのメッセージ・河北写真集の英訳・和訳の展示会と同時に、両大学の災害復興に向けた合同シンポジウム等の企画が出てきました。

今回訪れた明治学院大学学生さんから本学学生へ感謝のメッセージフラグをいただきました。また、明治学院大学ボランティアセンター運営学生スタッフの方からはお手紙をいただき、今後の本学ステーション運営にとても役に立つアドバイスをいただきました。どうもありがとうございました。

明治学院大学の訪れた皆様、本当にお疲れ様でした!

メッセージフラグをいただきました
メッセージフラグをいただきました
明治学院大学の皆様と
明治学院大学の皆様と

復興大学

復興大学

大学間連携ボランティアシンポジウム

大学間連携ボランティアシンポジウム

夏ボラ 2019

夏ボラ 2019

震災と文学

震災と文学

震災学

震災学

facebook

facebook