東北学院大学教職課程センター

センター概要

教職課程センター(以下、センターと略)は、本学における教職課程の円滑な運営のための業務、教員養成にかかわる情報提供や教職課程履修者の学習支援などの活動を行っています。センターの主な業務は下記のとおりです。

センターでは、大学における教職課程の中核的な事項である教職関係業務(教育実習等)を教務課と協力しながら行なっています。本学では全ての学部学科・研究科専攻に教職課程を開設しており、教職課程についての基本方針を全学的な合意のもとに検討したり、取り決めたりすることがセンターの重要な仕事になっています。

センターでは平成21年度から、土樋キャンパス教職課程センターの施設設備を充実させ、将来職業として教職を志望する学生に対する教職相談の窓口を設けて、学生の種々の相談に応じたり、学習支援を実施する体制を整えました。センターではまた、「教職講演会」「先輩教員の体験談を聞く会」など教員採用試験に向けた企画を催したり、教員採用試験対策として各県別過去問集など各種の資料を収集管理しています。

平成18年度からは、千葉県松戸にある聖徳大学と通信教育の提携を行ない、小学校教員免許取得支援プログラムを立ち上げて、在学中に小学校教員の免許を取得できるようになりました。さらに平成30年度からは、小学校教員免許と中学校・高等学校教員免許(英語)を同時に取得できる教育学科が文学部に開設されます。

教職相談の実施についてのお知らせ

「教職相談窓口」は3キャンパスで開いています。教職課程履修に関すること、教育実習への準備、教員採用試験の勉強の仕方など、何でもかまいません。センターの専任相談員(本学の教職担当専任教員)や客員相談員(校長経験者)が学生の皆さんの相談に応じる体制を整えています。相談日程については「学習支援サポート」よりご確認ください。相談日以外でも対応しますので気軽にご連絡ください。

教職課程センター規程