東北学院大学

緊急情報

「緊急事態宣言」に伴う本学の対応について

新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づく日本政府の緊急事態宣言が4月16日(木)、日本全国の47都道府県に向けて発出され、これを受けて4月21日(火)には、宮城県の対策本部会議において、床面積合計1,000平方メートル超の大学など教育施設にも休業要請が発せられました。

その要請に応じて、本学では、4月25日(土)より、キャンパスすべてを原則として閉鎖いたします。キャンパス閉鎖措置の具体的な内容は、以下のとおりです。

学生について
土樋・泉・多賀城の各キャンパスすべてにおいて、学生の入構を禁止します。これに伴い、泉寄宿舎・泉女子寄宿舎及び旭ヶ岡寄宿舎も閉鎖します。各キャンパスにおける学生の課外活動もすべて停止とします。
キャンパス閉鎖中に学内各部局の支援を必要とする学生には、電子メールその他の感染リスク抑制に配慮した通信手段での事前相談を経て、個別に対応することとします。
教員について
各キャンパスへの入構を原則として禁止します。
遠隔授業の準備等の目的で、研究室の利用を必要とする教員には、各キャンパス正門で所定の入構手続を経た場合にのみ、必要最小限のキャンパス入構を認めます。
職員及び役員について
各キャンパスへの入構を原則として禁止します。
大学の組織及び機能を維持継続するため、学内各部局において最小限必要な人員についてのみ、各キャンパス正門の入構手続を経て入構を認めます。
学外の事業者、取引先等について
各キャンパスへの入構を原則として禁止します。
大学の事業継続のため必要不可欠な学外者についてのみ、訪問先との事前の打ち合わせを経て、指定された日時・場所へ赴くための入構を認めます。