東北学院大学

学長あいさつ

キリスト教精神を軸とした教養教育重視型総合大学として、高い知性と豊かな人間性を備えた地域に貢献できる人材を育成しています。

東北学院がキリスト教伝道者押川方義と宣教師W.E.ホーイによって仙台に創設されてから133年になります。近代日本の激動の中で、本学もまた多くの変遷を経て今日に至っております。この間、一貫して建学の精神を堅持しつつ高等教育に従事してまいりました。

現在、本学は、6学部および6大学院研究科を備え、東北以北最大の私立総合大学へと発展し、日々改革に取り組んでおります。2016年9月には土樋キャンパス北側にホーイ記念館をオープンさせました。従来のような一方方向の授業ではなく、学生の主体的学習を充実させるラーニングコモンズを備えた開放的な校舎です。これと併せて東北学院は、都市型大学を発展させてゆきます。

本学では、これまで重要視してきた個人尊重の人格教育とそれぞれの分野において能力を発揮できる専門教育をバランスよく展開する努力をしています。これまで、多くのOB、OGの卒業後の活躍・社会貢献などによって「東北学院大学出身者は信頼できる」との評価をいただいておりますことを嬉しく思っております。

現在、東北学院の卒業生は延べ18万人を超え、広く各方面で活躍しております。今後とも社会で大いに活躍できる人材を輩出していくように努力いたしますので、皆様方の一層のご理解とご高配を賜りますよう心からお願い申し上げます。


東北学院大学長 大西 晴樹

1983年神奈川大学大学院経済学研究科博士後期課程満期退学。経済学博士。1991年visiting scholar,Regent's Park College,Oxford University(1993年迄)。明治学院大学教授、同経済学部長、学長、学院長を経て2019年4月より東北学院大学学長就任。

このページの内容に
関するお問い合わせ

東北学院大学 就職キャリア支援部就職キャリア支援課