東北学院大学

法学部

掲載内容は2022年4月時点での情報であり、今後、内容が変更されることがあります。

日本の財政について考えました

2021年12月22日

 加藤ゼミでは12月17日、財務省東北財務局の方々をお迎えし日本の財政について講義を受けました。講義では、日本の借金がどのくらいありどうして増加しているのかということや予算の構成とその内訳、社会保障制度について、スライドを用いながら丁寧に分かりやすく教えていただきました。

211221-1_1.jpg

 後半は2つのグループに分かれ、講義の内容を基にグループワークを行いました。題材は、「受益と負担の水準がつり合っていない現状の日本の社会保障制度を、どのようにすれば維持できるか」というもので、各々が知恵を出し合い有意義なグループワークになりました。

211221-1_2.jpg 211221-1_3.jpg

 その後、グループワークの内容を発表し、講評で「どちらも日本の社会保障制度を良くしようとする気持ちが伝わってくる、素晴らしい発表でした」といったコメントをいただきました。

211221-1_4.jpg 211221-1_5.jpg


 今回、国の財政や社会保障制度といった難しい話題について、専門家の方から詳しくかつ分かりやすいお話を聞くことができたのは幸運なことで、とても良い機会を与えていただいたと感じました。また、これから経済の動向を調べていくに当たっての良い励みとなりました。
 改めてこのような素晴らしい講演をしていただき、ありがとうございました。

4年 H.M