東北学院大学

文学部 英文学科

掲載内容は2022年4月時点での情報であり、今後、内容が変更されることがあります。

教員紹介

教員プロフィール

大沼 仁美 准教授

担当科目 英語学購読Ⅰ・Ⅱ、英語発音学Ⅰ・Ⅱ
研究テーマ

言語音が関わるさまざまな現象の仕組みの解明に興味があります。特に、異なる言語の間にある普遍性、相違性を理論的に説明することを目指しています。現在は、普遍文法に基づく理論を用いて、英語を含む各言語の音体系をどのように表示できるかというテーマを主に研究しています。

業績
論文
  1. Onuma, Hitomi & Kuniya Nasukawa (2020) Velar softening without precedence relations. In Kuniya Nasukawa (ed.), Morpheme-internal Recursion in Phonology. Boston and Berlin: Mouton de Gruyter, 201–229.
  2. Nasukawa, Kuniya, Phillip Backley & Hitomi Onuma (2017) Phonological categories of voice onset time and phonetic compromise in L2 acquisition. In Jiyoung Choi, Hamida Demirdache, Oana Lungu & Laurence Voeltzel (eds.), Language Acquisition at the Interfaces: Proceedings of Generative Approaches to Language Acquisition (GALA) 2015. Newcastle upon Tyne: Cambridge Scholars Publishing, 216–231.
  3. 『最新英語学・言語学用語辞典』開拓社 (2015) (編) (分担執筆)