東北学院大学

Language

工学部 環境建設工学科

特徴的な学び

明日の都市づくりを担う

環境土木コースと建築コース、2つのコース制による専門教育の充実

環境建設工学科は、土木、環境、建築の3つの柱で分野を構成しています。それぞれの専門知識を活かした技術者を育成するために2年生からコース制によるカリキュラムを導入しています。

環境土木コースでは、地域ニーズに応える先進的な土木施設や大型構造物の計画・設計から施工管理までの能力・技術を身に付けます。また、都市が抱える環境問題の“解決の糸口”を発見する力を高め、環境と土木の両分野で活躍できるエンジニアを目指します。

建築コースでは、設計や設備、材料などの専門知識を活用して、安全で高機能・高効率な建築物をつくる人材を育成します。また、魅力ある空間デザインなども求められます。さまざまな建築ニーズに対応できる多角的な学習カリキュラムを組んで、学生個々人がめざす専門性を確実に高めていきます。