東北学院大学

工学部 環境建設工学科

特徴的な学び

未来を切り拓く、専門性の高い学び

環境建設工学科は、土木、環境、建築の3つの柱で分野を構成しており、専門性の高い技術者を育成するため、2年生からコース制によるカリキュラムを導入しています。

環境土木コースでは、地域ニーズに応える先進的な土木施設や大型構造物の計画・設計から施工管理までの能力・技術を身に付けます。また、都市が抱える環境問題の「解決の糸口」を発見する力を高め、環境と土木の両分野で活躍できるエンジニアをめざします。

建築コースでは、設計や設備、材料などの専門知識を活用し、安全で高機能・高効率、かつ魅力的な空間および建築物をつくる人材を育成します。現代のさまざまな建築ニーズに対応する多角的な学習カリキュラムを組み、学生個々人がめざす専門性を確実に高めます。

環境土木コースの
学生から

交通工学の授業で企業の方々の専門的な講義を受け、「将来は道路建設に関わる仕事をしたい」という具体的な夢を描くことができました。就職活動にあたっては、所属する研究室の先生が書類添削や面接練習なども細やかにご指導くださり、本当に感謝しています。

環境建設工学科 環境土木コース4年 
桐ヶ久保 龍都さん(宮城県/仙台高等学校出身)

建築コースの
学生から

ゼミでは住宅団地の再生・活性化に関わる研究を行いました。地域の実情と住民の方々の思いを汲み取りながら提案を行う中で、建築業の奥深さや難しさ、そしてやりがいを強く感じました。将来は住宅設計の仕事で、本学での学びを活かしていきたいと思います。

環境建設工学科 建築コース4年 
八島 萌さん(宮城県/宮城野高等学校出身)

教員から

安全で豊かなまちをつくり、持続するために不可欠な土木・環境・建築の3つの専門分野を学びます。講義などを通して将来活躍したい分野を選び、専門知識を深められます。本学科での多様な学びを通して、社会で活躍するエンジニアをめざしましょう!

環境建設工学科 
李 相勲 教授