東北学院大学

Language

文学部 英文学科

教員紹介

教員プロフィール

中西 弘 教授

担当科目 心理言語学Ⅰ・Ⅱ、応用言語学Ⅰ・Ⅱ、英語コミュニケーション講読Ⅰ・Ⅱ
研究テーマ

日本人英語学習者が、英語をどのように知覚・処理し、記憶しているのか、その心的プロセスを実証的に研究しています。特に、言語処理・記憶に中心的な役割を果たすと考えられているワーキングメモリに関心があります。日本人英語学習者が、限られた記憶容量の中でいかに文処理を行っているのか、そのメカニズムを解明することは、英語教育において不可欠なことであると考えています。

業績
主な著書
  1. 『英語語法文法研究の新展開』 英宝社 (2005) (分担執筆)
  2. 『ことばと認知の仕組み』 三省堂 (2007) (分担執筆)
  3. 『教育・研究のための第二言語データベース 日本人英語学習者の英単語親密度<音声編>』 くろしお出版 (2009) (分担執筆)
  4. 『英語音読指導ハンドブック』 大修館書店 (2012) (分担執筆)
  5. 『外国語運用能力はいかに熟達化するか-言語情報処理の自動化プロセスを探る』 松柏社(2014)(分担執筆)
  6. 『最新英語学・言語学用語辞典』 開拓社(2015)(分担執筆)
  7. 『心理言語学』朝倉書店(2017)(分担執筆)
  8. 『小学校英語教育の基礎知識』大修館書店(2018)(分担執筆)
最近の主な学術論文
  1. Nakanishi, H. (2011). The Relation of L2Working Memory Capacity of Japanese EFL Learners with the Resolution of Lexical Ambiguity, The Tohoku English Language Education Society, 31, 93-103.
  2. Nakanishi, H & Yokokawa, H. (2011). Determinant Processing Factors of Recall Performance in Reading Span Tests: An Empirical Study of Japanese EFL Learners, JACET, 53, 93-108.
  3. Nakanishi, H. (2012). The Contribution of Working Memory Capacity to Processing Sentences with Prepositional Phrases for Japanese EFL Learners, ARELE, 23, 281-296.
  4. Nakanishi, H. (2012). How Japanese EFL Learners Make Use of Semantic Information within their Working Memory Capacity in the Parsing of Prepositional Phrases, The Tohoku English Language Education Society, 32, 69-81
  5. Nakanishi,H.(2013).The Relation of Lexical Constraints and the Parsing of Prepositional Phrases: From the Perspective of Japanese EFL Learners’ Working Memory Capacity, The Tohoku English Language Education Society, 33, 87-98.
  6. Kadota,S., Kawasaki, M.,Shiki,O., Hase,N., Nakano,Y., Noro,T., & Nakanishi,H. (2015). The Effect of Shadowing on the Subvocal Rehearsal in L2 Reading. LET, 52, 163–177.
  7. Nakanishi,H.(2015). Prior Contextual Influence on Syntactic Processing- From the Perspective of Japanese EFL Learners’ Working Memory Capacity, The Tohoku English Language Education Society, 35, 51-62.
  8. Nakanishi,H.(2016). The Effect of Contents Shadowing on English Sound Perception for Japanese English Learners, The JASEC Bulletin, 25, 33-44.
  9. Narumi, T., Hashimoto, K., Nakanishi, H., & Yokokawa, H. (2018). Lexical-semantic Driven Processing during Sentence Comprehension by Japanese EFL Learners: Evidence from Task Effects on On-line Processing of Linguistic Information, Journal of the Japan Society for Speech Sciences, 19, 43–61.
  10. Nakanishi, H. (2018) The Effect of the Attentional Aspect of Language Processing on Sound Perception in L2 Repeating Compared to L2 Shadowing for Japanese EFL Learners, The JASEC Bulletin, 27, 1–12.
  11. Nakanishi, H., Narumi, T., Hashimoto, K., & Yokokawa, H. (2019). How Lexical Familiarity Affects Reading Span: An Empirical Study with Japanese EFL Learners, Journal of the Japan Society for Speech Sciences, 20, 31–49.
その他の業績
個人研究(研究代表者)
  1. 日本学術振興会科学研究費補助金研究スタート支援「日本人英語学習者のワーキングメモリ容量が統語的曖昧文の処理過程に及ぼす影響」(平成22-23年度)
  2. 日本学術振興会科学研究費補助金若手研究(B)「統語処理に各種言語情報が及ぼす影響―ワーキングメモリ容量の個人差からのアプローチ」(平成24-25年度)
  3. 日本学術振興会科学研究費補助金若手研究(B)「ワーキングメモリ容量が第二言語フィラーギャップ文処理過程に与える影響」(平成26-27年度)
  4. 日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(C)「シャドーイングが処理効率・プロソディ生成に及ぼす影響:学習者の注意を操作した効果」(平成28-30年度)
  5. 日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(C)「プロソディシャドーイングが統語処理の自動化に及ぼす影響」(平成31-34年度)
共同研究(研究分担者)
  1. 日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(B)「英語シャドーイング・音読の認知過程とその効果:NIRSによる脳内処理機構の解明」(平成23-26年度)
  2. 日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(B)「英語シャドーイングで話者の顔動画をみる効果:NIRSによる脳内処理機構の解明」(平成27-30年度)
  3. 日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(B)「シャドーイングが英語学習者のメタ認知活動に与える効果:NIRSによる脳内処理機構」(平成31-34年度)