東北学院大学

文学部 歴史学科

特徴的な学び

歴史学を通して、考える力を養う

歴史学科では、日本史、アジア史、ヨーロッパ史、考古学、民俗学の5分野にわたり広い視野で歴史を学ぶことができます。学びの特徴の一つにフィールドワークがありますが、教室内の授業も座学だけではありません。例えば演習では「ディベート」を取り入れています。2019年度は「第一次世界大戦の勃発」をテーマとして、受講生は専門書や論文を読んで理解を深め、仲間たちと批評し合いながら説得力ある主張を練り上げ、ディベート本番に臨みました。専門性の高い文献を丁寧に読み解く力、仲間たちと協力しながら正しく批判し合える姿勢、自分の考えを相手にしっかり伝える力は、大学卒業後の人生を豊かなものにします。

学生から

杵淵ゼミではグループ活動を通して歴史事象を考察し、討論します。第一次世界大戦は史料が多く考えをまとめるのが大変でしたが、文献や論文を読み込み、仲間たちと意見を出し合う中で、当時のヨーロッパに対する理解を深めることができました。

歴史学科3年 
落合 奏太さん(栃木県/鹿沼高等学校出身)

教員から

歴史学科には郷土史や日本史、西洋史、考古学などに関心を持つ人が大勢集まっています。史料集めや文献読解、議論・批評など地道な作業の積み重ねで成り立つ学問なので、コツコツと努力するのが得意な人には特に有意義な学びの場となるでしょう。

歴史学科 
杵淵 文夫 准教授