東北学院大学

地域協働とボランティア活動

「人と地域社会が共に育つ」ことをめざして

本学では、建学の精神を踏まえ、教育・研究に並ぶ重要な使命の一つとして社会連携・貢献を位置付けています。具体的には、本学の多様な学術分野の教育研究成果を広く地域社会に還元し、発展に寄与すること(知の還元)や地域・社会全体に関わる方々との持続的な連携協働を推進し、地域が抱える諸課題について共に学び、解決へのプロセスを歩んでいくこと(人材育成、連携協働)です。

この一環として、2020年4月に「東北学院大学地域連携センター」を発足。社会連携・貢献に関する本学の基本方針に基づいて地域連携活動ならびにボランティア活動を全学的に推進・活発化させるとともに、地域内のさまざまな団体・組織とも協働を図り、地域に根を下ろした大学づくりを行っています。

このように本学は、自立的に自身が抱える課題を解決できる地域を共に創り、その中で学生、教職員が学び、新たな知を生み出し、さらに地域・社会に還元していくことをめざしています。

地元の魅力を再発見する地域教育科目

地域活動や地元商店街を教材にする授業

本学が地域社会と関わる姿勢を特徴的に表す地域教育科目は、4科目で構成され、そのうち「地域の課題Ⅰ」は全学必修となっています。さらに学びを進める「地域の課題Ⅱ」や「地域課題演習」では、地域活動での参与観察や聞き書きなどの手法を用いて、学問的成果を実践の場で体感し学修を深めています。「Naritaマルシェ」(富谷市)の活動では、地域住民の小さな活動から地元愛や人と人とのつながりの大切さを学びました。また、五橋新キャンパスに隣接する荒町地区商店街に対しては、学生の新鮮な感覚で地元商店街活性化の提案をしました。

これらの学びは、地域の力や住民の知恵を体感することで、地元に対する愛着心の形成や卒業後の地元就職へとつながっていきます。

地域の課題Ⅱ・地域課題演習によるフィールド調査

地域教育科目

震災と復興/地域の課題Ⅰ・Ⅱ/地域課題演習

「大学COC事業」「COC+事業」

本学は文部科学省の地方創生による補助事業に採択され(「大学COC事業」2014年度、「COC+事業」2015年度)、地域コミュニティの中核的存在(Center of Community)として、大学の機能強化を図ってきました。

知の拠点事業

地域連携・社会貢献

学生から学びのアシストを

各市町村との地域連携協定に基づき、各自治体の小・中学生を対象とした学びの支援を行っています。特に教員をめざす学生を中心とした活動が多く、宮古市の小学生にゲームやクイズで英語に親しんでもらう「みやこ・イングリッシュキャンプ」や、多賀城市の小学生や中学生を対象に大学生が長期休暇を利用して自学自習をサポートする「多賀城スコーレ」、外国語コミュニケーションの楽しさや異文化理解の大切さを知ってもらうため大学生が仙台市内の小学校で英語の授業を行う「小学校外国語活動」などを実施しています。教員をめざす学生なら誰もが参加可能。こうした学びの支援は、今後も継続していく予定です。

宮古イングリッシュキャンプでの活動風景
多賀城スコーレでの活動風景

災害ボランティアステーション

「今、求められているものは何か」を問い続ける復興支援

東北学院大学災害ボランティアステーション(以下、ボラステ)は、東日本大震災発災直後に設立された、10年以上の歴史をもつボランティア団体です。“災害ボランティア”と聞くと災害現場での活動をイメージするかもしれませんが、震災以降ボラステでは「今、求められているものは何か」を問い続けながら、その時々のニーズに合わせた活動を展開してきました。

ボラステ最大の特長は、学生が中心となって活動・運営を行っていること。定期的に活動している6つの地域も、学生自ら関係を構築し、代々引き継がれてきました。「学生スタッフ」として、現地のニーズを踏まえ、活動を希望する学生のコーディネートをすることもあります。ボラステでは、「誰かのために何かをしたい」という学生の皆さんの想いを大切に、さまざまなかたちの活動を支援・応援しています。

こどもの遊び場での活動(2016年 岩沼市)
台風被害の復旧(2016年 宮古市)
ローズファクトリーガーデンでの活動(2017年 雄勝町)
灯籠流し(2018年 雄勝町)
コダナリエ(2019年 山元町)

学生インタビュー

必要とされる限り続けていきたい。

災害ボランティアステーション
学生スタッフ代表

経済学部経済学科2年 鈴木 勇汰さん
(宮城県/気仙沼向洋高等学校出身)

東日本大震災で被災した経験から、高校では語り部活動をしていました。ボラステに加入して最初の活動は、地元・気仙沼の仮設住宅での交流活動。知り合いが多く、話しやすかったのを覚えています。高齢者ばかりなので、住宅周辺の草むしりやゴミ拾いもしました。毎年夏休みに全国の大学から参加者を募って開催される「夏季集中ボランティア」では、沖縄からの参加者がいたことが印象に残っています。現在は災害復興公営住宅での交流がメインですが、風水害があれば災害ボランティアとして手伝いに行くこともあります。一般ボランティアとして好きなときに参加する学生もいるので、ぜひ気軽に参加してほしいですね。

今後はオンラインでの活動も視野に入れて検討中です。語り部をやってみたいという学生には、被災経験がある立場として伝えられることを伝えていきたいし、必要とされる限り活動を続けていきたいと思っています。