東北学院大学

資格取得

社会教育主事課程

Ⅰ 社会教育主事課程とは

社会教育主事は、都道府県及び市町村の教育委員会の事務局に置かれ、社会教育を行う者に専門的技術的な助言と指導を与える「専門的教育職員」(社会教育法第9条の2、3及び教育公務員特例法第2条第4項)である。

生涯学習の時代といわれる今日にあって、学校教育以外の組織的な教育活動である社会教育に対する期待は大きく、社会教育計画の立案や関係者への指導と助言を通して、地域の人々の学習活動を支援する社会教育主事は、社会教育行政の中心的指導者として大きな責任を担っている。

また、平成20年の社会教育法の改正により、「社会教育主事は、学校が社会教育関係団体、地域住民その他の関係者の協力を得て教育活動を行う場合には、その求めに応じて、必要な助言を行うことができる」ことになったことから、地域全体で学校教育を支援し、地域ぐるみで子どもの教育を推進しようという今日的な取り組みにおいて、学校と地域をつなぐための一定の役割を果たすことが期待されている。

したがって、その役割遂行には専門性が必要とされることから、社会教育主事となるためには、一定の資格を必要とする。その資格を得るには、社会教育法第9条の4第3号の規定による方法がある。すなわち、大学において、文部科学省令で定める「社会教育に関する科目」の単位を修得し、卒業後都道府県または市町村の「社会教育主事補の職」、あるいは「官公署、学校、社会教育施設または社会教育関係団体における職で司書、学芸員その他の社会教育主事補の職と同等以上の職として文部科学大臣の指定するもの」に就いた期間が1年以上であれば、社会教育主事として任用される資格を得たことになる。

なお、2020年4月から、社会教育主事養成課程修了者は、「社会教育士(養成課程)」と称することができるようになった。社会教育士は、家庭での学習成果を生かし、NPOや企業等と連携・協働して、社会教育施設における活動だけでなく、環境や福士、まちづくり等の社会の多様な分野における学習活動の支援を通じて、人づくりや地域づくりに携わる役割が期待されている。

参考サイト:社会教育主事・社会教育主事補について(文部科学省)

本学の社会教育主事課程は、上記の「社会教育に関する科目」を開設して、生涯学習時代に対応しうる社会教育主事を養成しようとするものである。また、その一方、民間の教育・文化・スポーツ事業を行う機関や、企業の学習関連部門、社会教育施設の指定管理者となる企業・団体においても、社会教育主事と同様な資質・能力を持ち、教育・研修事業の企画・立案・実施にあたる人材が求められていることから、そのような機関・部門で活躍することのできる人材の養成をあわせて行おうとするものである。

Ⅱ 社会教育主事課程を開設する学部学科

社会教育主事課程を開設しているのは、文学部英文学科・総合人文学科・歴史学科及び教養学部人間科学科・言語文化学科・情報科学科・地域構想学科である。

Ⅲ 社会教育主事に関する証明書について

年度初めに資格申請登録をし、所定の単位を修得した者には、卒業式当日に社会教育主事に関する修了書を交付する。