東北学院大学

大学院 人間情報学研究科

理念・目的、教育目標

特色

本研究科は人間と情報をキーワードとした学際性を標傍する大学院です。院生は、社会情報(社会学、教育学、人文地理、地域構想系)、行動情報(心理学、教育工学、体育学系)、生命・情報(コンピュータ科学、数学、生体情報学、情報科学、環境科学系)の3領域のいずれかを主たる専門とします。同時に、人文社会科学、情報科学、自然科学といった幅広い分野から基礎研究に精通した教授陣が指導に参加し、院生が各自の学問的基礎を固める手助けをします。本研究科では、このような体制で院生の学際的な研究と教育を実現しています。

理念・目的

人間にとって真に望ましい情報化社会の創造を目的として、人間情報学の高い専門性の修得とともに人間ならびに人間を取り巻く種々の環境への深い洞察力を涵養し、幅広い視野から実社会の諸問題の解決に学際的、独創的に貢献する専門家を育成する。

教育目標

  1. 学際性の重視:社会情報学、行動情報学、生命・情報学のカリキュラムに基づいて、多様な専門領域の有機的連携を重視した学際性の高い教育研究を行う。
  2. 社会貢献:望ましい情報化社会の実現に貢献する教育研究機関として、社会の要望に応える。
  3. 知の実践的統合:地域社会の諸課題に取り組む社会人など、幅広い経験や背景を持つ者も大学院学生として受け入れ、知の実践的統合を促進する。