東北学院大学

Language

推薦入学試験

推薦入学試験(平成30年度)

学業成績による推薦入学試験(指定校推薦)
資格取得による推薦入学試験(指定校推薦・公募推薦)
キリスト者等推薦入学試験(公募推薦)

募集定員

学部・学科および募集定員を参照してください。

出願資格

学業推薦

次のすべてに該当する方です。

  1. 高等学校もしくは中等教育学校を卒業した方、または平成30年3月卒業見込みの方
  2. 調査書の全体の評定平均値が3.8以上の方
  3. 本学が指定した学校長からの推薦による方
資格取得推薦

【経営学科のみ】

次のいずれかの推薦の1~4すべてに該当する方です。

  • 指定校推薦
    1. 高等学校もしくは中等教育学校を卒業した方、または平成30年3月卒業見込みの方
    2. 調査書の全体の評定平均値が3.8以上の方
    3. 日商簿記検定2級以上合格の方
    4. 本学が指定した学校長からの推薦による方
  • 公募推薦
    1. 高等学校もしくは中等教育学校を卒業した方、または平成30年3月卒業見込みの方
    2. 調査書の全体の評定平均値が3.8以上の方
    3. 日商簿記検定2級以上合格の方
    4. 学校長からの推薦による方
キリスト者等推薦

次のすべてに該当する方です。

  1. 高等学校もしくは中等教育学校を卒業した方、または平成30年3月卒業見込みの方、ならびに大学を受験する資格を取得した方、または平成30年3月までに取得見込みの方
  2. 調査書の全体の評定平均値が3.5以上の方
  3. 上記の条件を満たし、かつ次のいずれかの条件を満たす方
    1. キリスト者であり、入学後東北学院大学のキリスト教活動に積極的に参加する意志のある方。
      所属教会牧師・神父による受洗証明と推薦状が必要です。
    2. キリスト教を建学の精神とする学校の生徒で、建学の精神に基づく諸活動(例えば、聖書研究会、聖歌隊、ボランティア活動等)において顕著な業績を残し、入学後東北学院大学のキリスト教活動に積極的に参加する意志のある方。
      志願に際しては、学校(宗教主任等)からの推薦状が必要です。
      [注意]
      キリスト教を建学の精神とする学校とは、キリスト教学校教育同盟、あるいは日本カトリック学校連合会に所属する学校を対象とします。

※出願資格の条件については、事前に入試課に問い合わせて確認してください。
推薦状は、募集要項に指定用紙が入っています。

入学検定料

33,000円(平成29年度参考)

選抜方法

出願書類の審査、小論文、面接により総合的に選抜します。

文・経済・経営・法・教養学部
試験科目 書類審査 小論文 面接 合計
配点 100 200 100 400
工学部
試験科目 書類審査 小論文 面接 合計
配点 200 100 100 400
1. 小論文
【文・経済・経営・法・教養学部】
与えられた文章の要旨のまとめや、それに対する自分の意見の論述などをします。(60分/800字程度)
【工学部】
与えられたテーマに関して、自分の意見の論述などをします。(60分/600字程度)
2. 面接
面接試験担当者による個人面接を行います。(5~10分程度)

アドバイス

  • 前年度の小論文の問題はこちらです。
    評価のポイントは、課題の把握、論旨の展開、文章表現、誤字・脱字、文章量などです。
  • 面接では、志望動機、勉学意欲、将来についての考えなどを聞かれます。言動・態度等も併せて評価のポイントになります。

試験日程

区分 出願期間 試験日 試験場
文・経済
経営・法
教養学部
工学部
学業成績による推薦入試(指定校)
キリスト者等推薦入試(公募)
10月26日(木)~
11月1日(水)
15時必着
11月9日(木)
キャンパス
多賀城
キャンパス
資格取得による推薦入試(指定校)
資格取得による推薦入試(公募)A日程
-
資格取得による推薦入試(公募)B日程 12月6日(水)~
12月11日(月)
15時必着
12月16日(土) 土樋
キャンパス

※出願書類が出願期間より早く送付された場合は、出願期間初日に受付処理します。

合格発表

区分 合格発表
学業成績による推薦入試(指定校)
キリスト者等推薦入試(公募)
資格取得による推薦入試(指定校)
資格取得による推薦入試(公募)A日程
平成29年11月17日(金) 14時
資格取得による推薦入試(公募)B日程 平成29年12月22日(金) 14時

合格者には当日消印の速達で合格通知書を郵送します。

また、14時からは合否照会システムを利用して、パソコン、スマートフォン、携帯電話、電話で合否を確認することができます。

入学手続

区分 締切日 備考
学業成績による推薦入試(指定校)
キリスト者等推薦入試(公募)
資格取得による推薦入試(指定校)
資格取得による推薦入試(公募)A日程
平成29年12月8日(金) 15時必着
資格取得による推薦入試(公募)B日程 平成30年1月10日(水)

入学手続は、入学時納付金の納入と指定書類の提出によって完了します。

スポーツに優れた者の推薦入学試験(公募推薦)
文化活動に優れた者の推薦入学試験(公募推薦)

募集定員

学部・学科および募集定員を参照してください。

出願資格

スポーツ推薦

次のすべてに該当する方です。

  1. 高等学校もしくは中等教育学校を卒業した方、または平成30年3月卒業見込みの方
  2. 調査書の全体の評定平均値が3.0以上の方
  3. スポーツで特に優れ、入学後その競技を継続する意志のある方
  4. 学校長からの推薦による方
  • ※対象となるスポーツは、本学の学生会体育会(部)に所属する部で行われている種目に限ります。
  • ※当該競技の実績を持たない方は受験できません。
文化活動推薦

次のすべてに該当する方です。

  1. 高等学校もしくは中等教育学校を卒業した方、または平成30年3月卒業見込みの方
  2. 調査書の全体の評定平均値が3.5以上の方
  3. 本学への入学を専願とし、入学後も学業と学生団体・サークル等での活動を両立させる強い意志と能力を持ち4年間活動を続けることができる方
  4. 学力・人物共に優秀であり、高校在学中にクラブ活動等で活躍し、クラブの顧問等教員および学校長からの推薦による方

スポーツ・文化活動に優れた者の推薦入試を希望する方は、AO入試A日程には出願できませんので注意してください。

選抜方法

スポーツ推薦

出願書類の審査、小論文、面接、スポーツテストにより総合的に選抜します。

試験科目 書類審査 小論文 面接 合計
配点 200 100 100 400
  1. 小論文
  2. 面接
  3. スポーツテスト
    「スポーツ実績の評価等に関する書類予備審査」を受けていない方は、推薦入試当日に専門種目の技能についてテストを行います。
  • 書類予備審査
    出願を希望する方には、「スポーツ実績の評価等に関する書類予備審査」を受けることを勧めます。評価結果は評価通知日に出願者に通知します。この審査を受けると推薦入試当日のスポーツテストが免除されます。審査料は無料です。
文化活動推薦

出願書類の審査、小論文、面接により総合的に選抜します。

試験科目 書類審査 小論文 面接 合計
配点 200 100 100 400
  1. 書類予備審査
    出願を希望する方は、「文化活動実績の評価等に関する書類予備審査」を必ず受けてください。書類審査により、受験資格を認めるかどうかを評価します。評価結果は評価通知日に出願者に通知します。審査料は無料です。
  2. 小論文
  3. 面接
スポーツ・文化活動共通
  • 小論文
    【文・経済・経営・法・教養学部】
    与えられた文章の要旨のまとめや、それに対する自分の意見の論述などをします。(60分/800字程度)
    【工学部】
    与えられたテーマに関して、自分の意見の論述などをします。(60分/600字程度)
  • 面接
    面接試験担当者による個人面接を行います。(5~10分程度)

アドバイス

  • 書類予備審査申請書の請求は、学生課(TEL. 022-264-6471)または入試課に電話で申し込んでください。
  • 前年度の小論文の問題はこちらです。
    評価のポイントは、課題の把握、論旨の展開、文章表現、誤字・脱字、文章量などです。
  • 面接では、志望動機、勉学意欲、将来についての考えなどを聞かれます。言動・態度等も併せて評価のポイントになります。
  • スポーツに優れた者の推薦入試での受験を希望する場合は、当該種目のクラブと連絡を取ることをおすすめします。お問い合わせは学生課 TEL. 022-264-6471

試験日程

出願期間 試験日 試験場
文・経済・経営
法・教養学部
工学部
10月26日(木)~11月1日(水) 15時必着 11月9日(木)
キャンパス
多賀城
キャンパス

※出願書類が出願期間より早く送付された場合は、出願期間初日に受付処理します。

入学検定料

33,000円(平成29年度参考)

合格発表

平成29年11月17日(金) 14時

合格者には当日消印の速達で合格通知書を郵送します。

また、14時からは合否照会システムを利用して、パソコン、スマートフォン、携帯電話、電話で合否を確認することができます。

入学手続

平成29年12月8日(金) 15時必着

入学手続は、入学時納付金の納入と指定書類の提出によって完了します。

スポーツ実績の評価等に関する書類予備審査

申請期間 平成29年9月25日(月)~9月29日(金) 15時必着
提出先 東北学院大学 入試課
申請書 本学所定の用紙に必ず記入・捺印をしてください。
評価通知 10月13日(金)

対象種目と注意事項

文・経済・経営・法・教養学部の志望者は「文・経済・経営・法・教養学部学生会体育会所属部種目」、工学部の志望者は「工学部学生会体育部所属部種目」の中から選ぶことになります。( )内は対象となる性別です。

募集定員は125名です。そのうち53名が下表の印(強化指定種目)☆印〔特別強化指定種目(スポーツ奨学金対象)〕の募集定員です。ただし、工学部の部活動で行われる種目は強化指定の対象となりません。

特別強化指定種目とは、東北地方の大学生の大会において継続してトップクラスの成績を収め、全国上位の結果を狙うことができる運動部であり、大学が指定した運動部です。またスポーツ奨学金は、スポーツに優れた者の推薦入学試験によってこの運動部に所属し、競技成績が優秀で勉学・人物ともに優れた者を対象に学資が給付されます。

文・経済・経営・法・教養学部学生会体育会所属部種目
  • ☆硬式野球(男)
  • 準硬式野球(男)
  • ○軟式野球(男)
  • ○サッカー(男)
  • ラグビー(男)
  • ○アメリカンフットボール(男)
  • バスケットボール(男)
  • ☆バスケットボール(女)
  • ○バレーボール(男女)
  • ○ハンドボール(男)
  • ソフトテニス(男女)
  • ○卓球(男女)
  • ○バドミントン(男女)
  • ○ボウリング(男女)
  • ○ゴルフ(男女)
  • 柔道(男)
  • 剣道(男女)
  • ○弓道(男女)
  • ○空手道(男女)
  • ○相撲(男)
  • ○合気道(男女)
  • ○少林寺拳法(男女)
  • ○馬術(男女)
  • ○ボクシング(男)
  • ○フェンシング(男女)
  • ○レスリング(男)
  • ○洋弓(男女)
  • ライフル射撃(男女)
  • ○陸上競技(男女)
  • 水泳(男女)
  • ○スキューバダイビング(男女)
  • ○スキー(男女)
  • ○スケート(男女)
    (アイスホッケー部門フィギュア部門)
  • ○ヨット(男女)
  • ○ボート(男女)
  • ○自転車競技(男女)
  • ○体操競技(男)
  • ○山岳(男女)
  • ○硬式テニス(男女)
工学部学生会体育部所属部種目
  • ○準硬式野球(男)
  • ○サッカー(男)
  • ○ラグビー(男)
  • ○バスケットボール(男)
  • ○バレーボール(男)
  • ○ハンドボール(男)
  • ○硬式庭球(男女)
  • ○ソフトテニス(男女)
  • ○卓球(男女)
  • ○バドミントン(男女)
  • ○ゴルフ(男女)
  • ○アメリカンフットボール(男)
  • ○ソフトボール(男)
  • ○柔道(男)
  • ○剣道(男女)
  • ○弓道(男女)
  • ○空手道(男女)
  • ○躰道(男女)
  • ○合気道(男女)
  • ○少林寺拳法(男女)
  • ○洋弓(男女)
  • ○スキー(男女)
  • ○山岳(男女)

文化活動実績の評価等に関する書類予備審査

申請期間 平成29年9月25日(月)~9月29日(金) 15時必着
提出先 東北学院大学 入試課
申請書 本学所定の用紙に必ず記入・捺印をしてください。
評価通知 10月13日(金)

対象となる文化活動

文化活動名 本学の団体名 活動内容
応援団 応援団 学生会に所属し大学公式行事の参加および体育会各部への応援活動。全日本学生応援団連盟加盟。
チアリーディング チアリーディングチーム 学生会に所属し大学公式行事の参加および体育会各部への応援活動。チアリーディング選手権大会等の出場。
合唱 キャロラーズ(女声合唱) 女声合唱(一般合唱曲、宗教曲)。演奏会開催。
グリークラブ(男声合唱) 男声合唱(一般合唱曲、宗教曲)。演奏会開催。
ヒムネンコール(混声合唱) 混声合唱(一般合唱曲、宗教曲)。演奏会開催。
宗教部聖歌隊(混声合唱) 混声合唱(一般合唱曲、宗教曲)。大学公式行事の支援。演奏会開催。
吹奏楽 S.W.E.(シンフォニック・ウィンド・アンサンブル) 学生会に所属し大学公式行事の参加および体育会各部への応援活動。東北・全国吹奏楽コンクール等の出場。
美術 美術部 絵画(水彩、油彩)作品、立体作品等の作成。自団体、他団体との合同での展示会実施。
書道 書道研究部 楷書、行書、草書、かな、隷書、篆書、近代詩文、墨象、少字、刻字、篆刻等々の創作。自団体、他団体との合同での展示会実施。
英語 英語会(E.S.S.) スピーチ、ディスカッション、ドラマ(演劇)等の分野での活動。他大学との合同活動あり。
演劇 演劇部 役者、音響、照明、衣装、装置等の分野での活動。年4回の定期公演。
放送(制作・技術・アナウンス等) 放送会 昼休みの学内放送、ラジオドラマの制作、アナウンス、音響、脚本、ディレクター等の分野での活動。全国大学放送コンテスト出場。
ロボット製作 ロボット研究会 ロボットの製作。大会(ロボコン)出場。

受験生Q&A