文学部

実践的な文学部での学び

文学部での学びは、わたしたちの「ことば」を鍛え、わたしたちの「こころ」を耕します。文学部は、人文学の中枢科目である<哲学・史学・文学>の学びの場を提供しています。人文学の学びの中心は「ことば」です。文学部では「ことば」の学びを通して、古今東西の人々の「こころ」の営みを学びます。わたしたちが社会に出て充実した仕事をするためには、<ことばが使え、こころの営みに通じること>が求められます。文学部での学びが「実践的」と言えるのはこのためなのです。

文学部で学べる学問分野

英米文学、英語学・言語学、英語教育学・応用言語学、哲学・倫理学、文化・芸術学、キリスト教神学、宗教学、歴史学、考古学、民俗学、図書館学・博物館学

※図書館学・博物館学は、司書、学芸員の資格課程で学修可能です。

学部案内

理念・目的

東北学院125年の歴史に重なる本学部の歴史と、キリスト教に基づく理念・目的・モットーなど。3学科12分野の組織概要。

文学部「教学上の方針」

文学部教学上の方針「学位授与の方針」「教育課程編成、実施の方針」「入学者受け入れの方針」「教員組織の編制方針」について。

学部の特色

6項目からなる学部の特色の紹介。高水準のカリキュラム・満足度・研究力や、多様な取得可能資格など。

出張講義

地域に開かれた大学として、大学の研究成果を開放して、広く社会に普及・還元する学外向けの講義を行っています。講義タイトルや講義概要についての紹介。

就職状況

本学部卒業生の過去3年間の主な就職先。

動画で見る 新・文学部

動画で見る 新・文学部

生まれ変わった文学部とは。「学校へ行こう‐いまを生き抜く知性‐」全13回や総合人文学科誕生までの紹介。

学科

英文学科
総合人文学科
歴史学科