東北学院大学

Language

東北学院大学

東北学院の「建学の精神」

東北学院の三校祖、押川方義、W・E・ホーイ、D・B・シュネーダーは、東北学院の建学の精神を、宗教改革の「福音主義キリスト教」の信仰に基づく「個人の尊厳の重視と人格の完成」の教育にあるとした。

その教育は、聖書の示す神に対する畏敬の念とイエス・キリストにならう隣人への愛の精神を培い、文化の発展と福祉に貢献する人材の育成を目指すものである。

東北学院の礎を築いた三校祖

初代院長 押川方義
(1850-1928)

松山藩士橋本家の三男として生まれ、押川家の養子となる。横浜の英学校でキリスト教に触れ1872(明治5)年バラより受洗。日本最初のプロテスタント教会である日本基督公会を組織する。1886(明治19)年、ホーイとともに仙台神学校を創設。5年後(1891(明治24)年)に東北学院と改称する。翌年初代院長に就任し、1901(明治34)年に辞任。以後も東北学院顧問として終生関わりを持つ。

初代副院長 W・E・ホ一イ
(1858-1927)

アメリカ・ドイツ改革派教会宣教師。米国ランカスター神学校卒。1885(明治18)年来日する。押川らと共に翌年、仙台神学校、宮城女学校(宮城学院)を創立。1892(明治25)年東北学院副院長に就任。1899(明治32)年学院を辞し、中国湖南省で伝道を開始する。

二代院長 D・B・シュネーダー
(1857-1938)

アメリカ・ドイツ改革派教会宣教師。米国 ランカスター神学校卒。 1887(明治20)年来日。翌年、仙台に着任し、創立されたばかりの仙台神学校教授として押川、ホーイを助ける。 1901(明治34)年には第二代院長に就任。35年におよぶ 在職中、東北学院を私塾的存在から中学部、高等学部、神学部と整った学制のキリスト教教育機関として発展成長させた。東北学院中興の祖。

学校法人 東北学院

本学教育の理念・目的

(東北学院大学学則第1章第1条)

東北学院大学は、キリスト教による人格教育を基礎として、広く知識を授けるとともに深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させ、もって世界文化の創造と人類の福祉に寄与することを目的とする。

スクールモットー

「LIFE, LIGHT AND LOVE FOR THE WORLD」

(解説)

「LIFE, LIGHT AND LOVE FOR THE WORLD」は、大学設置50周年を記念に制定された東北学院大学の教育理念を示す標語です。

この言葉は、アメリカ合衆国ドイツ改革派教会の月刊誌である『The Missionary Guardian』の表紙中央に記され、その下には、新約聖書マルコによる福音書第16章15節のイエス・キリストの言葉「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい。」が付されています。

仙台大火後の大正11年に再建された東北学院中学部校舎の正面入口に掲げられていた「LIFE LIGHT LOVE」は、当時の宣教師たちが宣べ伝えようとした福音を「(全世界の)生命、光、愛」として捉えた標語です。D.B.シュネーダー第二代院長が日本基督教会東北中会の機関紙『神と人』第17号(大正12年)に寄稿した「生命(いのち)、光明(ひかり)、愛」と題した説教の中にも見いだすことが出来ます。それ以来、東北学院を象徴する「3L精神」として受け継がれてきました。

東北学院大学では、本学の教育理念が21世紀の今日において広く理解されるように、「LIFE LIGHT LOVE」の原形である「LIFE, LIGHT AND LOVE FOR THE WORLD」をスクールモットーとしました。命(生命の尊さ)と光(知識・希望)と愛(隣人愛)を世界のためにということは、本学の建学の精神や教育方針を最も的確にしたものです。さらに、東北学院大学の教育理念を表現するにとどまらず、卒業した方々の励ましの言葉ともなっていくことを願っています。