東北学院大学

Language

取り組み・活動

TG Grand Vision 150(東北学院大学中期計画)

東北学院大学2018(平成30)年度重点項目

全体的重点項目
  1. 本年度もTG Grand Vision 150の基本計画に沿って、大学の改革に努め、発展を目指す。
  2. 東北、仙台に位置し、地域と共生し貢献する大学としてのプレゼンスを高める。
  3. 「キラリと光る地方大学」として、本学独自の存在価値を示し、かつ本学にしかできない地域貢献を実践し、発信する。それを視野に入れた私立大学等改革総合支援事業(タイプ5「プラットフォーム形成」〈大学間、自治体、産業界との連携〉)に取り組む。
  4. 「アーバンキャンパス」構想を進捗させる。法人と一体となって五橋キャンパスの実施設計を進め、泉、多賀城キャンパスからの移転事業計画を進める。土樋キャンパスの整備について検討を継続する。これらについて教職員への情報提供に配慮する。
領域別重点項目

以下、領域別重点項目の実施にあたって各部署は、なるべく数値目標を設定するなど、達成度が検証可能なものとすること。

(1)教育・研究
①各学校一貫の、建学の精神に基づくキリスト教教育
  1. 高大接続検討会議(中高大一貫教育事業実施委員会)の継続
    TG推薦入学者の「キリスト教学」(アドバンストクラス)の再検討
  2. 1年次必修、3年次選択必修のキリスト教関係科目の検証と改善方策の検討
  3. 法人と協力して、キリスト教教育に資するための「宗教センター(仮称)」の設置検討を継続
②教育の質保証
  1. 学位授与の方針に対応した学修成果を多角的・客観的に測定するための方法・指標(ポートフォリオ、ルーブリックなど)の開発と運用、そのための研修会実施
  2. 大学院教育改革の推進(大学院学生の増加)
  3. 教員の資質向上活動(FD)の改善、実施内容の新企画検討
  4. 現在文科省で進行中の大学入試改革に対応した本学の入試プランの策定
  5. TGベーシックセンターの設置検討、TGベーシックを含む非専門科目の教育課程及びその運用の見直し
  6. 大学基準協会認証評価への対応強化と協会認証評価委員の選出・派遣
③補助金事業の推進と将来計画戦略
  1. 「地(知)の拠点整備事業(COC)」補助終了後における事業の検討
  2. 私大研究ブランディング事業の着実な推進
  3. 私立大学等改革総合支援事業への着実な対応
④グローバル化対応の推進
  1. 本学の「国際化の基本方針」に基づく新プラン検討
  2. 受け入れ留学生増加に向けた支援体制の強化
    英語教育の充実(英語による授業の増設)
    留学生寮の本格的検討
  3. 海外留学の促進及び学生派遣に係る支援体制の強化
  4. 新たな海外大学との協定
  5. ホーイ記念館の国際交流スペース機能の再検討
⑤教員の研究支援体制の強化
  1. 教員評価制度の構築
  2. 外部資金獲得の推進(教員の科研費申請率50%)
(2)社会貢献
  1. ①公開講座・シンポジウムの見直しと広報の強化
    「震災と文学」継続。成果が不十分な企画の見直し
  2. ②「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+(プラス))」による地域社会との連携及び貢献。特に地元就職率の増加に向けた取り組みの強化
  3. ③ボランティアセンター(仮称)の設置・展開の検討
  4. ④『震災学』等、震災関連事業の見直しと新規事業の検討
  5. ⑤履修証明プログラムその他(CSW、小学校教員のための中学英語免許状取得支援等)の社会貢献事業の継続
(3)教育環境
①アーバンキャンパス構想の推進
  1. 五橋キャンパスにおける工学部教育設備の検討
  2. 土樋キャンパス諸施設設備の改善
②学生支援
  1. 給付奨学金の検証と改善
  2. 「学生の満足度」に関する検証と改善
  3. 大学スポーツ活動に関するアクションプランの策定
  4. 学生表彰制度や正課学修との連携による学生の主体的諸活動活性化策の検討
  5. 退学者減少対策を継続する
(4)組織運営
①教学組織
  1. 新学部・学科構想の策定
  2. 専門職業人育成、資格授与プログラムの拡大・強化
  3. 教員基準値の見直し
  4. 大学院研究科の改組を含む組織の見直し
  5. 産学連携推進センターの再編と強化
  6. 副部長制度の見直し
  7. センター、研究所、資料室の再編の検討
②事務組織
  1. 職員の資質向上活動(SD)の継続・強化
    学長裁量経費による職員研究の継続と成果の還元・活用
  2. IR課の機能強化
    統合データベースの構築 エンロールメント・マネジメントへの着手
  3. 災害対策の強化。危機管理対応マニュアルの整備
(5)学生・生徒募集、広報
  1. ①本学の「キラリと光る」カリキュラムの選定と発信
  2. ②アドミッションズ・オフィスの整備、アドミッション・オフィサー機能の本格化
  3. ③入学定員厳守時代における受験生確保戦略の構築
  4. ④大学に関する多角的広報活動の推進・強化
  5. ⑤メディアの革新に対応した新しい広報の策定・促進

TG Grand Vision 150 及び 第Ⅰ期中期計画

東北学院大学:TG Grand Vision 150 及び 第Ⅰ期中期計画 (PDF:669KB)