文学部

学部の特色

1. 強い教育力

日本私立大学連盟(134大学加盟)が実施している「学生生活実態調査」において、「カリキュラム編成満足度」、「授業内容満足度」、「教員満足度」などで、本学文学部はきわめて高い水準を維持しています。

2. 多様な語学教育

古典語を含む7つの言語(英語、中国語、フランス語、ドイツ語、ヒブル語、ギリシア語、ラテン語)が正課で学べます。もちろん、少人数のクラス編制になっています。

3. 高い研究力

文学部教員は国内外の学会で高い評価を得ています。外部資金導入実績がそれを裏づけています。例えば、2011年度文部科学省・日本学術振興会の科学研究費補助金(研究代表者)の採択件数*は17件(継続を含む)を数えます。採択/申請率、採択/在籍教員率でもきわめて高い水準にあります。

*研究分担者での採択は除いています。

4. 多様な資格取得

文学部では、他に例をみない多くの資格取得に道を拓いています。
教職免許(中高英語、中高宗教、中学社会、高校地歴、学校図書館司書、小学校*)、図書館司書、博物館学芸員、社会教育主事試験資格、牧師試験資格**が取得可能です。

*小学校教諭の免許は、他大学の通信教育と連携することによって在学中に取得できます。
**指定された履修モデルに従って学修した場合、日本基督教団教師検定試験Bコースの受験が可能です。

5. 強い就職力

文学部の学びの原点である「ことば力」は「しごと力」に直結しています。就職状況は他の文系学部とかわらないどころか、むしろ、「しごと」の多様性という点では文系他学科を凌いでいます。特に、伝統的に強い教員養成のほか、近年では航空関連への就職実績で全国上位にランク付けされています。

6. 学びの深化、本学大学院への直結

本学文学研究科3専攻に直結しています。英文学科は英語英文学専攻、総合人文学科はヨーロッパ文化史専攻、歴史学科はアジア文化史専攻・ヨーロッパ文化史専攻に直結し、それぞれに特別選考制度があります。なお、総合人文学科の宗教・神学分野専修の場合、神学系の他大学院(東京神学大学大学院など)の受験も可能です。

このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 学務部教務課
〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL.022-264-6451 FAX.022-264-6480
E-mail:kyom@mail.tohoku-gakuin.ac.jp