寄宿舎礼拝

東北学院大学の寄宿舎は、教育の一環として運営されています。いうまでもなく、東北学院大学はキリスト教に、建学の精神の基を定めています。

大学の各キャンパスにおいて毎朝礼拝が守られるように、寄宿舎でも毎週一度、夕方の礼拝を守ります。礼拝は、学生が司会をします。説教は、近隣の牧師先生やキリスト教関係の先生方、また舎監などが担当します。

夕方の礼拝は、大変意味のあるものです。学生諸君や舎監および副舎監が、一日、それぞれ与えられた場所で勉強をしたり、仕事をしたりしますが、礼拝の時には、同じ礼拝堂に集まって、共に聖書を読み、神を賛美し、御ことばに聴き入ることによって、心も身体も安らぎを得ることができるからです。

寄宿舎では、学生諸君が共に食事をしたり、勉強をしたり、また語らいあったりと生活を共有しますが、なんといっても、共に礼拝することほど恵みに満ちた時はありません。東北学院大学の寄宿舎が教育寮である故であり、通常の厚生寮では決して体験することができない良い思い出となることです。

静かなひととき、仲間が一緒に賛美する。若い時代の特権ですね。

このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 学生部学生課
〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL.022-264-6472 FAX.022-264-6473
E-mail:gakusei@mail.tohoku-gakuin.ac.jp
授業・学生生活
  • 東北学院ポータル My TG
  • 情報処理センター
  • 奨学金制度
  • 東北学院大学 学生会
  • TG MIND
  • 東北学院大学 後援会
  • 東北学院大学災害ボランティアステーション
  • ラーニング・コモンズ「コラトリエ」