泉キャンパス礼拝堂

泉キャンパス礼拝堂

泉キャンパス礼拝堂は、昭和63(1988)年に開設された泉キャンパスの入り口のもっとも目立つ場所に献堂されました。席数は1200席で、正面には田中忠雄氏作、高さ10.7mのステンドグラスがあります。下から見上げると「イエス・キリストの十字架、復活、昇天」(マルコ福音書15章21節、ヨハネ福音書20章26~29節、使徒言行録1章9~11節)の場面が青色を基調として描かれています。また、正面に向かって左側には、降誕(ルカ2:15-17)、受洗(マルコ1:9-11)、空の鳥をみよ(マタイ6:25-34)、サマリアの女(ヨハネ4:1-42)、右側には、五つのパンと二匹の魚(マルコ6:30-44)、地面に字を書くイエス(ヨハネ8:1-11)、最後の晩餐(マルコ14:22-26)、ゲッセマネの祈り(マルコ14:32-42)などが描かれており、イエス・キリストの生涯がステンドグラスで現されています。

泉キャンパス礼拝堂

泉キャンパス礼拝堂には、長年に渡りフランスの歴史的名器を修復、再構築してきたアルフレッド・ケルン社製作によるフレンチ・クラシカルオルガンがあります。楽器は講壇左側の大理石の床にシンメトリーな外観を持って立ち、豊かな容積に満席時でも約3秒の残響という恵まれた空間に響き渡ります。リード管はグラントルグ(第1)ポジティフ(第2)レシ(第3)の3段手鍵盤に9列、ペダルに32'を含む4列、計13列を擁し、いずれも優れて個性的、加えれば充実した力強い響きを奏でます。

このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 総務部総務課
〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL.022-264-6428