東北学院大学

Language

新着情報

「機械TG会」が50周年の工学部祭に出店し、同窓会グッズを販売

2015年10月21日

151021-3_01.jpg

151021-3_03.jpg 好天に恵まれた10月17・18日の両日、第50回の工学部祭が、『GO』をテーマに開催されました。初日の17日、1号館のラウンジには例年とは違ったブースがお目見えしました。工学部機械工学科の同窓生「機械TG会」が出店、学生たちのブースに混じって同窓会のグッズを販売、機械TG会の歩みを紹介するなど、同窓会のPRに努めました。
 榴ケ岡高校の卒業生で工学部第一回生、そして本学名誉教授の鶴本勝夫先生が参与を務める機械工学科TG会の役員メンバーが揃い、50年の節目に同窓生の絆を再確認しようと出店。事前の同窓会との打ち合わせや、次週の10月24日に開催される「ホームカミングデー(同窓祭)」のPRも行いました。もちろん同窓会が開発したネクタイやバッチといったグッズのほか、大学生協で販売しているTGオリジナルグッズも販売され、訪れた同窓生が買い求めていました。
 ブースでは、平成6(1994)年に発足した機械工学科TG会の設立から21年、今も続いている会報『さんえる』の10周年と20周年の記念縮刷版も展示閲覧でき、工学部の知られざる歴史を知る事が出来ました。
 機械TG会の出店に携わりました同窓生の皆さま、ご苦労さまでした。

151021-3_02.jpg 151021-3_05.jpg