文化財レスキュー企画展「くじら探検記」、「鯨まつりのにぎわい」開催のお知らせ

2016年07月25日

 東北学院大学博物館では、東日本大震災で被災した博物館のコレクションを復旧する文化財レスキュー活動に、学生主体による活動で支援を行ってきました。その一環で、復旧した文化財をもちいた博物館活動をこれまで10回にわたって行ってきました。
 今回は、平成28年8月11日~14日の日程で、石巻市復興まちづくり情報交流館牡鹿館(石巻市鮎川)を会場に、第11回文化財レスキュー企画展「くじら探険記―アメリカ自然史博物館所蔵・明治の鮎川の写真―」を開催します。明治時代に鯨類の調査のために鮎川浜を訪れたロイ・チャップマン・アンドリュースが撮影した写真資料から、およそ30点を展示します。100年前のふるさとの姿は、地元の人々でもピンと来ないほど古いものですが、地域の移り変わりを知ることが、復興していくこれからの地域の姿を思い描いていく契機となればと考えています。
 また、8月15日~9月5日までは、8月28日に開催される「牡鹿鯨まつり2016」の関連企画として、第12回文化財レスキュー企画展「鯨まつりのにぎわい」を開催します。
 どちらも、文学部歴史学科で民俗学を専攻する学生による文化財レスキュー班(3・4年生)が企画し実践するものです。
 震災から6年目の現在、地域の歴史や文化が復興において大きな意味を持ってきていることを肌身で感じながら、学生たちには多くを学ぶ機会となればと思います。

<第11回文化財レスキュー企画展「くじら探検記」>
・期間:平成28年8月11日(祝)~14日(日)
  【入場:無料】
 *11日/13:30~17:00 12・13日/9:00~17:00 14日/9:00~13:00
・会場:石巻市復興まちづくり情報交流館・牡鹿館(復興商店街「おしかのれん街」前)
 

<第12回文化財レスキュー企画展「鯨まつりのにぎわい」>
・期間:平成28年8月15日(月)~9月5日(月)9:00~17:00  【入場:無料】
・会場:石巻市復興まちづくり情報交流館・牡鹿館(復興商店街「おしかのれん街」前)

160725-4_3.jpg 160725-4_4.jpg

クリックでPDF表示(906KB)

〇問い合わせ先
東北学院大学博物館
仙台市青葉区土樋一丁目3-1 TEL.022-264-6920