「Sport Policy for Japan」において、地域構想学科天野ゼミが特別賞を受賞

2016年10月31日

 10月29日、30日の両日、明治大学駿河台キャンパスにおいて「Sport Policy for Japan」2016年大会が開催され、地域構想学科 天野和彦ゼミが「特別賞」を受賞しました。
 「Sport Policy for Japan」とは、日本のスポーツの現状や将来について問題意識を持つ大学3年生が、所属大学の枠を超え、政策提言を持ち寄り、意見を交換するものです。
 今年は全国から21大学54チームが参加。天野ゼミは「大規模噴火災害とスポーツ-安全な登山活動を目指して-」と題し、蔵王山の噴火警報と登山者の行動、山岳スポーツ組織の防災にテーマをあてた発表を行いました。残念ながら優秀発表(上位6チーム)には入れませんでしたが、調査発表の独創性とリアリティについて高い評価を受け、特別賞に輝きました。

 >>Sport Policy for Japanはこちら

161031-3_01.jpg