東北学院大学

Language

新着情報

文学部総合人文学科主催公開講座【救いは苦しみの中にー聖書における苦難の意義ー】のご案内(7/6開催)

2019年06月17日

救いは苦しみの中にー聖書における苦難の意義ー

文学部総合人文学科主催公開講座

申込不要   無 料   土 樋


日時:2019年7月6日(土) 13:00~15:00
会場:東北学院大学 土樋キャンパスホーイ記念館3
階 H302教室

190617-1_1.jpg

クリックしてPDF表示(372KB)


 苦難とは何か。聖書のみならず、キリスト教神学の中心的な問題である。旧・新約聖書において、人は苦難の中で逆説的に救済の根拠を見出すことを伝えている。また、苦難に意味を与えようとする試みは、しばしば神義論という形を取ってきた。第一講演では、「問い」という側面から、ヨブ記における苦難の問題を再考し、苦難に対する「答え」とは別の仕方の神義論について検討する。第二講演ではユダヤ・キリスト教の殉教文学を探り、苦難の教育的側面について理解を深める。果たして、救いは苦しみの中にあるのか?若手の旧・新約聖書研究者と共に考えたい。

 

 LECTURER 講 師
 

第1講(ヨブ記における苦難と問い)
本学文学部講師  田島 卓

【講師略歴】
1984年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科基礎文化研究専攻倫理学専門分野博士後期課程修了。博士(文学)。現在、本学文学部総合人文学科講師。主な著作は『エレミヤ書における罪責・復讐・赦免』(日本キリスト教団出版局)。
 

第2講(ユダヤ・キリスト教殉教文学における苦難の意義)
本学文学部准教授  吉田 新

【講師略歴】
1978年生まれ。立教大学大学院卒。ハイデルベルク大学にて神学博士号取得。現在、本学文学部総合人文学科准教授。主な著作に「バプテスマのヨハネ」(教文館)、「Trauerarbeit im Urchristentum」(Vandenhoeck & Ruprecht)、編著「福音とは何か聖書の福音から福音主義へ」など。

 


対 象   どなたでも受講できます
申込方法   直接会場にお越しください
受講料   無料
主 催   東北学院大学 文学部総合人文学科
問合せ先


 
  東北学院大学 研究機関事務課
TEL:022-264-6401 FAX:022-264-6530