東北学院大学

Language

ヨーロッパ文化総合研究所

規程・規約

(設置)

第1条
  1. 東北学院大学(以下「本学」という。)にヨーロッパ文化総合研究所(以下「本研究所」という。)を置く。

(目的)

第2条
  1. 本研究所は、学外からの研究資金を積極的に活用し、ヨーロッパ文化に関する研究を推進するとともに、その成果を広く社会に還元することを目的とする。

(事業)

第3条
  1. 本研究所は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
    1. ヨーロッパ文化の歴史学的研究とそのための資料蒐集
    2. 文部科学省オープン・リサーチ・センター整備事業「ヨーロピアン・グローバリゼーションと諸文化圏の変容に関する研究プロジェクト」を継承・発展させるための研究及び調査
    3. 前二号のための研究資金、助成金等の情報収集および受入
    4. ヨーロッパ文化研究に関する学会及び研究会開催の企画立案と実施
    5. 研究成果を発表する刊行物の編集と発行
    6. その他、本研究所の目的を達成するために必要と認められる事業

(所員)

第4条
  1. 本研究所に次の所員を置く。
    1. 所長
    2. 主事
    3. 研究員
    4. 客員研究員
    5. 特別研究員
    6. 研究補助員

(所長)

第5条
  1. 所長は、学長がこれを任命する。
  2. 所長は、本研究所を代表し、事業を統括する。
  3. 所長の任期は2年とする。ただし重任を妨げない。

(主事)

第6条
  1. 主事は、所長がこれを委嘱する。
  2. 主事は、所長を補佐し、庶務を司る。
  3. 主事の任期は2年とする。ただし重任を妨げない。

(研究員)

第7条
  1. 研究員は、本学の専任教員から所長が推薦し、学長がこれを任命する。
  2. 研究員は、ヨーロッパ文化に関する研究・調査に従事するとともに、外部資金を獲得するための研究プロジェクトを企画・実施する。
  3. 研究員の任期は2年とする。ただし重任を妨げない。

(客員研究員)

第8条
  1. 客員研究員は、本学専任教員以外の者で適当と認められる者を所長が推薦し、学長がこれを任命する。
  2. 客員研究員は、研究員と協力して研究プロジェクトを企画・実施する。
  3. 客員研究員の任期は1年とする。ただし重任を妨げない。

(特別研究員)

第9条
  1. 特別研究員は、本研究所において研究の円滑な実施に必要な業務を行うものとし、主事が推薦し運営委員会の議を経て、所長がこれを任命する。
  2. 特別研究員の任期は1年とする。ただし重任を妨げない。
  3. 特別研究員の待遇については別に定める。

(研究補助員)

第10条
  1. 研究補助員は、本研究所において研究活動の補助を行うものとし、主事が推薦し運営委員会の議を経て、所長がこれを任命する。
  2. 研究補助員の任期は1年とする。ただし重任を妨げない。
  3. 研究補助員の待遇については別に定める。

(総会)

第11条
  1. 本研究所は、毎年1回総会を開く。ただし、所長が必要と認めた場合、または研究員2名以上が求めた場合、臨時に総会を開くものとする。
  2. 総会は第4条第1号から第3号の所員をもって構成し、その過半数の出席により成立する。
  3. 総会は、所長が招集し、議長を務める。
  4. 総会は、次の事項を審議する。
    1. 本研究所の事業に関する事項
    2. 本研究所の予算に関する事項
    3. この規程の改廃に関する事項
    4. その他、本研究所の運営に関する重要事項

(運営委員会)

第12条
  1. 本研究所に運営委員会を置く。
  2. 運営委員会は、研究員の互選による5名の委員をもって構成する。
  3. 運営委員の任期は1年とする。ただし重任は妨げない。
  4. 運営委員会は、主事が招集し議長となる。
  5. 運営委員会は、次の事項を審議する。
    1. 総会で審議する原案に関する事項
    2. 総会から委任された事項
    3. 所長から諮問された事項
    4. 特別研究員及び研究補助員の任用に関する事項
    5. その他、本研究所の運営に関する必要事項

(経費)

第13条
  1. 本研究所の事業を遂行する経費は、基金・寄付金・助成金・事業収入及び本学による本研究所への予算措置によるものとする。

(事務)

第14条
  1. 本研究所の事務は、研究機関事務課が取り扱う。

(改廃)

第15条
  1. この規程の改廃は、総会の議を経て、理事会が行う。
附則
  1. この規程は、平成24(2012)年4月1日より施行する。
  2. この規程の施行により、東北学院大学オープン・リサーチ・センター(ヨーロピアン・グローバリゼーションと諸文化圏の変容に関する研究)ポスト・ドクターの任用に関する取扱い内規(平成19年5月1日制定第13号)及び東北学院大学オープン・リサーチ・センター(ヨーロピアン・グローバリゼーションと諸文化圏の変容に関する研究)リサーチ・アシスタントの任用に関する取扱い内規(平成19年5月1日制定第14号)は廃止する。