東日本大震災 東北学院の記録

調査・研究及び専門知識

調査・研究:古代瓦から貞観地震とその復興過程を探る

【所属/氏名】文学部 歴史学科 佐川正敏 教授
【分野/領域】考古学

概要

  • 瓦は建物の創建、修理、再建、廃絶の過程を探るための重要な手掛かりである。宮城、福島、岩手、山形の9世紀代の瓦を869年発生の貞観地震との関係で再検討しながら、内陸部も含めた被害の範囲、復興支援(中央政府や地方の関与)のあり方、復興(建物の再建)の過程などについて調査・研究中である。とくに、「三代実録」に記述された復興瓦の製作に「新羅人」が関与した問題についても、在外研究先である韓国の新羅瓦の専門家と協力して研究している。なお、その結果の一部は、2011年7月に本学歴史学科公開講座で報告した。

実施期間

2011年6月から実施中

このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 学長室事務課
〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL.022-264-6424
E-mail:ck@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
大学概要
  • 大学ポートレート
  • After 3. 11 東日本大震災と東北学院
  • 東日本大震災の記録 Remembering 3.11
  • 総合学術誌 震災学
  • 東北学院大学 by AERA
  • 学都仙台コンソーシアム