東日本大震災 東北学院の記録

調査・研究及び専門知識

被災地域における歴史遺産・文化財の被災状況調査と救援・保全措置の実施

【所属/氏名】経営学部 経営学科 斎藤善之 教授
【分野/領域】歴史遺産の救援・保全活動

概要

  • 斎藤は震災前から三陸沿岸地域における歴史遺産(旧家に残る歴史史料・遺物・建築など)の調査と保全をテーマとして、岩手県大船渡市(綾里の千田家)、宮城県気仙沼市(唐桑の鈴木家)、同石巻市(雄勝の永沼家・青木家・阿部家、石巻門脇の本間家)、同塩竈市(海岸通りの鈴木家)、同亘理町(荒浜の武者家)、福島県相馬市(原釜の菊池家)、同いわき市(古湊の野崎家)などで調査保全活動を行ってきた。それら調査先の多くが今回の大震災における地震と津波により甚大な被害を蒙っている。現在その複数の地点を対象に被害状況の調査を行うと共に、水損した被災資料の救出保全、解体家屋についての記録保存などの活動を行っている。
  • なお現在の斎藤の活動時の肩書きとしては、①NPO法人・宮城歴史資料保存ネットワーク副理事長、②NPO法人・みなとしほがま顧問、③石巻千石船の会顧問、④科研費基盤研究c研究代表者、などである。

実施期間

震災直後から実施中

このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 学長室事務課
〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL.022-264-6424
E-mail:ck@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
大学概要
  • 大学ポートレート
  • After 3. 11 東日本大震災と東北学院
  • 東日本大震災の記録 Remembering 3.11
  • 総合学術誌 震災学
  • 東北学院大学 by AERA
  • 学都仙台コンソーシアム