東日本大震災 東北学院の記録

調査・研究及び専門知識

被災地域児童の身体活動及び健康状況調査と身体活動量確保の継続的取組

【所属/氏名】教養学部 人間科学科 鈴木宏哉 准教授
【分野/領域】スポーツ健康科学

概要

  • 女川町の教育委員会と連携し、小学4年生~中学3年生の全児童・生徒の身体活動量と健康状態を調査している。第1回は2011年9月~11月にかけて実施し、第2回目は2012年2月~3月に実施予定。女川町では教育委員会、学校関係者、地域住民、大学教員で構成される「女川学びの町づくり実行委員会」を2012年1月に立ち上げ、子どもたちを知育・徳育・体育の3つの領域からサポートする取組を行おうとしている。その体育領域の担当が私であり、既にスポーツイベントの開催や運動の習慣化につながる取組を実施している。

実施期間

2011年9月から実施中

このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 学長室事務課
〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL.022-264-6424
E-mail:ck@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
大学概要
  • 大学ポートレート
  • After 3. 11 東日本大震災と東北学院
  • 東日本大震災の記録 Remembering 3.11
  • 総合学術誌 震災学
  • 東北学院大学 by AERA
  • 学都仙台コンソーシアム