東北学院大学

Language

卒業生インタビュー

社会心理学を研究

浅野 良輔さん

久留米大学 勤務 浅野 良輔さん

2007年3月 教養学部 人間科学科卒業

専門領域だけにとらわれない幅広い視野を身につけることができたのは、まさに学際的な学びのおかげだと思っています

社会との向き合い方をじっくりと考えた4年間はとても貴重な時間です

教養学部には、心理学だけでなく社会学や教育学などさまざまな分野の先生がいらっしゃいます。私は入学前から社会心理学の研究がしたいという方向性を持って入学しましたが、専門領域だけにとらわれない幅広い視野を身につけることができたのは、まさに学際的な学びのおかげであると思っています。その後のステップも含めて、自分がこれから社会とどう向き合っていくのかを考えられる大学生活は、人生においてとても貴重な時間となりました。


東北学院大学を卒業後、大阪大学大学院で修士号を、名古屋大学大学院で博士号を取得しました。現在は大学教員として教育活動を行うと同時に、自らの研究にも力を入れています。専門は社会心理学です。社会心理学は、普段の生活の中で、さまざまな人がなぜそう感じ、そう行動するのかを理解し、予測をする心理学の領域の一つ。そのなかでも私は、対人関係と幸福感の関連について探究を続けています。

学科の学びで役立った事柄

プレゼンテーションの基本は大学時代に培いました。特に役立ったのは、他人のやり方をよく観察したことです。「学ぶ」とは「真似る」ことから始まると、1年次に履修した講義の先生から教わりました。