• HOME
  • FEATURE 01 - 震災
  • FEATURE 02 - 研究力
  • FEATURE 03 - 卒業生
  • FEATURE 04 - キャンパス

東北学院大学の研究力

《エッセンス》

経営学部経営学科の松村尚彦ゼミ、経済学部共生社会経済学科の熊沢由美ゼミを実際に訪ね、ゼミの実際の風景をライブ風にレポート。プロジェクトチームに分かれ学びを深める松村ゼミ、発表・討論だけでなく実践的な活動にも取り組む熊沢ゼミの様子、さらには、全6学部から14の特色ある科目・研究テーマをピックアップ。

FEATURE 02 / 白熱のゼミ、多彩な研究テーマ

AERAに逆取材 編集者の眼

白熱のゼミレポートは
高校生におすすめの記事。

松村先生と熊沢先生のゼミ紹介は、大学の授業の雰囲気を知ることのできる企画として、高校生のみなさんには特におすすめです。玉乗りロボットの研究を行っている工学部の熊谷正朗先生や、宗教民族学が専門のデール・アンドリューズ先生の記事は写真も楽しめるのでは…。先生の個性が上手に引き出されていると思います。

ココを読む、ココを見る TGUの眼
松村ゼミは学生主体のプロジェクトメソッドで。

学生の成長する力を信じ、その力が解き放たれるようにサポートするという松村先生。株式の銘柄選択という実践的な課題でのグループワーク、3つのプロジェクトチームに分かれての論文作成など、松村ゼミの人気の秘密をうかがい知ることができます。

熊沢ゼミは「共感力」に基づき社会保障を理解。

学生による発表をベースに絶え間なく続く質疑応答、熊沢先生から贈られた発表者への賛辞とゼミ生からの大きな拍手…。「とにかく発言することが大事」という熊沢ゼミの雰囲気が丁寧に紹介されています。「共感力」をキーワードとする共生社会経済学科の魅力も伝わってきます。

「よく生きる」という共通の目標のもとに。

文学部、法学部、経済学部、経営学部、教養学部、工学部の6学部から14名の教員が登場し、それぞれの専門分野・研究テーマを紹介。テーマの広がりは、まさに総合大学ならでは。研究への熱い思いを語る教員の言葉の中から、「よく生きる」という言葉の意味を感じ取ってください。

MAKING MOVIE
松村尚彦ゼミ
東北学院大学の研究力 松村尚彦ゼミ

YouTubeで他の先生の授業風景なども公開しています。