企業・団体の採用ご担当者様

就職キャリア支援部からのご挨拶

東北学院大学は明治19(1886)年、押川方義、ウイリアム. E. ホーイによって創設された「仙台神学校」が起源です。以来130年、本学の建学の精神である、宗教改革の「福音主義キリスト教」の精神に基づく「個人の尊厳の重視と人格の完成」を教育の指針としてまいりました。隣人への愛の精神を培い、文化の進展と福祉に貢献する人材の育成を目指し、現在、卒業生は約18万人を数え、広く各方面で活躍しております。

また、「東北学院大学の卒業生は、真面目で粘りがあり、卒業後の躍進がめざましい」、と企業からの高い評価をいただいております。しかし、そのような評価やこれまでの伝統に甘えることなく、6学部及び大学院6研究科を持つ総合大学として、グローバル化に応えうるバランス感覚に富んだ人材育成を目指し、今後一層努力してまいります。本学に寄せる企業の皆様のご支援を心からお願いいたします。

平成29年度本学卒業・修了予定者の就職・採用活動についてのお願い

国公私立の大学、短期大学及び高等専門学校(以下「大学等」という。)で構成する就職問題懇談会では、大学等卒業・修了予定者の就職・採用活動の秩序を維持し、正常な学校教育と学生の学修環境を確保するとともに、学生が自己の能力や適性に応じて適切に職業を選択できるようにするため、「平成29年度大学、短期大学及び高等専門学校卒業・修了予定者に係る就職について(申合せ)」を定めました。

一方、一般社団法人日本経済団体連合会は、大学側の意見も踏まえて学生の学業への妨げにならないよう配慮に努める旨の内容を盛り込んだ「採用選考に関する指針」を平成28年9月20日に改定し、昨年度の対応を維持することを発表しました。

企業等の皆様におかれましてもこの度の措置の趣旨をご理解いただき、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

なお詳細につきましては「就職・採用活動についてのお願い」でご確認ください。

求人の申し込みについて

  • 「求人申込書(求人票)」を郵送、FAX、E-mail等の方法でお送りください。その際、郵送の場合は「会社案内」も三部同封いただければ幸いです。
  • 学生の応募書類につきましては、上記就職問題懇談会の申し合わせにより「戸籍騰(抄)本」「住民票」等プライバシーに関わる書類の提出をお求めにならないようにお願いいたします。
  • また、採用活動が終了いたしましたら郵便、FAX、E-mailにてお知らせいただければ幸いです。お電話でも結構です。その際は速やかにいただいた求人票を募集終了処理いたします。
2017年4月採用予定者対象
求人票 (Excel:71KB)
2018年4月採用予定者対象
求人票 (Excel:71KB)

求人申し込みに際してのお願い

本学では、職業安定法の第二十七条 の主旨に鑑み、企業様からの求人の受理につきましては、公共職業安定所と同様の措置を取る必要があります。つきましては、「青少年の雇用機会の確保及び職場への定着に関して事業主、職業紹介事業者等その他の関係者が適切に対処するための指針(平成27年厚生労働省告示第406号)」に基づき、企業の皆様からの求人申し込みに際して、添付の自己申告書の提出をお願いしております。お手数をおかけしますが、下記の厚生労働省からの説明文書をご確認の上、自己申告書を求人申し込みと合わせてご提供いただきますようお願い申し上げます。

このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 就職キャリア支援部就職キャリア支援課
〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL.022-264-6481 FAX.022-264-6486
E-mail:shushoku@mail.tohoku-gakuin.ac.jp