保健室

皆さんがこれからの学生生活を送るためにはまず健康でなければなりません。学生一人ひとりが心身ともに健康な学生生活を過ごすように、さらに自分の健康を自分のこととして考えられるように保健室では次のようなことを行っております。

1. 定期健康診断

毎年4月上旬に法律の定めにより全学生に対し定期健康診断を実施しています。結果は、健康管理及び証明書の資料となりますので必ず受けてください。健康診断の結果、所見のあった学生に対しては掲示などで呼び出しをします。

なお、定期健康診断の未受診者は健康診断証明書の発行はできません。

平成29年度の定期健康診断を受診できなかった方へ

  • 学内の健康診断は4月7日で終了しました。
  • 未受診の方は大学指定の健診センターで受診していただきます。手続きが必要ですので、至急所属キャンパスの保健室に来てください。
  • 健康診断は東北学院大学学則68条により毎年必ず受けなければなりません。毎年受診しない場合は、4年次の就職用の健康診断証明書が発行できない場合があります。

2. 健康相談

週に一度、校医による健康相談を行っています。また、常時保健室の担当職員が相談を受け付けていますので、気軽に利用してください。各キャンパスの保健室の場所、校医の健康相談の日時は下記のとおりです。

場所 校医の健康相談
泉キャンパス 1号館2階 通年)木曜日 14:00〜15:00
多賀城キャンパス 1号館2階 通年)木曜日 14:40〜15:40
土樋キャンパス 8号館2階 通年)木曜日 13:00〜14:00
  • ※なお、長期休暇中は校医の健康相談は行っておりません。
  • ※曜日、時間を変更することがありますので掲示板で確認して下さい。

3. 応急処置・各種測定

学内での急病やけがについては応急処置を行っています。原則として内服薬は取り扱っていませんので、万一の体調不良に備えて自分の体質にあった薬を携帯するようにしてください。保健室がキャンパスのどこにあるのか把握をしておきましょう。また、視力計・身長計・体重計・体組成計・血圧計など各種測定器を備えております。健康管理にお役立て下さい。

4. 健康診断証明書

就職用の健康診断証明書は証明書自動発行機で購入してください。自動発行できない方、また所定の用紙がある方は保健室まで来てください。なお自動発行できるのは学部4年生、大学院博士課程前期2年生・後期3年生、修士課程2年生のみになります。その他の学生は所属キャンパスの保健室まで来てください。発行開始時期は決まりしだい掲示します。

5. 禁煙相談

平成25年4月から全キャンパスにおいて全面禁煙です。

保健室では禁煙希望者に下記のことを行っています。

  • 呼気中のCO濃度測定
  • たばこ依存度テスト
  • 禁煙のメリットについて
  • 禁煙方法の紹介
  • 各種パンフレットの配布
  • 禁煙外来の紹介
  • 参考図書の紹介
  • ニコチンパッチ購入費用一部補助

※希望の方は各キャンパスの保健室まで来てください。

6. 学校において予防すべき感染症(学校感染症)

麻疹やインフルエンザなどの学校感染症に罹患した場合、学校保健安全法により出席停止となります。登校については「感染症治癒 登校許可証明書」が必要です。詳細につきましては教務課(学務係)にお問い合わせください。

※学校感染症には、麻疹、風疹、水痘、インフルエンザ、流行性耳下腺炎、咽頭結膜熱、百日咳、結核などがあります。

7. 大学生のライフスタイル

大学生は入学と同時に親元を離れ、一人暮らしを始めるケースが多く、生活もルーズになりがちです。時には生活内容を点検しましょう。自分の健康を守るのは自分自身です。

食生活

バランスよく食べること
一日3食、主食(エネルギー源)主菜(たんぱく質・脂肪源)副菜(ビタミン・ミネラル源)をそろえて食べましょう。
朝食を食べること
朝食は一日の活動源です。脳細胞を目覚めさせすべての機能が活発になり勉強、スポーツに不可欠です。
外食や市販食品は賢く利用
なるべく定食を選び多種類の食品をとること、油もの・塩分の多いもの・甘いものの摂り過ぎに注意し、野菜は積極的に食べることが大切です。

規則的な生活

朝型のすすめ
夜型の生活を続けていると、眠れない、食欲がない、体がだるいなどの症状がでてきます。『夜型』を『朝型』に変え本来の自然な生活リズムを見直しましょう。
睡眠時間を確保
睡眠は筋肉や脳細胞の休息でもあり、疲労の回復には不可欠です。また、免疫力が高まるため病気にも罹りにくくなります。せめて0時前には布団に入り最低6時間は確保しましょう。

運動習慣

ウォーキングのすすめ
だれでも、どこでも、いつでも気軽にできる運動は歩くこと。なるべく階段を利用し、時間を作って散歩するなど意識して歩きましょう。目安は、やや汗ばむ程度のウォーキングを1回15〜20分、週3回以上。

お酒とタバコ

喫煙は百害あって一利なし
10代から喫煙習慣がある人は、肺がんや心臓病に罹る確率が高くなると言われています。さらに、ニコチン依存も強くなりやめようと思ってもなかなか禁煙できなくなってしまいます。すでに喫煙している人は禁煙を、吸わない人は好奇心やカッコいいからという理由などで吸い始めることのないようにしましょう。
お酒と上手に付き合うには
気の合う仲間と飲むお酒は楽しいものです。しかし、悪酔いや二日酔いで苦しい思いをしたのでは台無しです。いまだに一気飲みによるアルコール中毒は少なくありません。お酒は飲める体質と、飲めない体質があります。無理強いすることはやめましょう。

心の健康

気になるこんな症状に注意
○ 人間関係などの悩みを処理できなくなる。
○ 突然動悸がして、死ぬのではないかという不安にかられる。
○ 突然呼吸が荒く苦しくなり、息が詰まるような感じを覚え、手足が突っ張ってきて倒れたりする。
○ 入学後、ちょっとしたことがきっかけで無気力となり、自室にこもって登校しなくなる。
○ 食事をとらないために、食べ物を受け付けなくなる。食事を過剰に摂取し抑制できなくなる。
これらの状態は、ストレスなどで心が弱っているために生じることが多く、放っておくと長引くので早めに専門家に相談しましょう。
ストレスをどうコントロールするか
◎ 信頼できる友人を作る。
◎ 自分自身を知る。
◎ 専門家に相談する。

知っておきたい性の話

HIVを含む性感染症について
HIVは主に性交渉でうつりますが、このような病気は性感染症(STI)とよばれています。今、日本ではクラミジア感染症に代表されるSTIが若年層に広まっています。HIVや他のSTIも性行為をすれば誰もがかかる可能性のある病気です。自分だけが大丈夫と思うことは危険です。正しい知識を見につけ、責任と思いやりのある行動をとりましょう。

8. 健康保険被保険者証(遠隔地被保険者証)

思わぬ病気やけがに備え健康保険被保険者証又は遠隔地被保険者証を携帯しましょう。保険者証は各自でしっかりと管理し、保険者証を介して起こる金銭トラブルには遭わないように注意しましょう。

※遠隔地被保険者証とは、保険者証が世帯に1通の場合、扶養者と住居を別にするものとして交付される保険者証のことです。在学証明書を扶養者の勤務先あるいは市町村役場へ提出すれば交付されます。

9. 保健室利用時間(長期休暇中は除く)

キャンパス 利用時間帯 備考
泉キャンパス
連絡先:TEL. 022-375-1154
  • 平 日 8:30~17:00
  • 土曜日 8:30~12:30

※応急処置については5校時授業実施日は18:30まで、6校時補講実施日は20:00まで対応しております。

礼拝時間
10:20~10:45
多賀城キャンパス
連絡先:TEL. 022-368-1139
  • 平 日 8:30~17:00
  • 土曜日 8:30~12:30

※上記時間以外でも応急処置が可能な場合がありますので、お問い合わせください。

礼拝時間
10:20~10:45
土樋キャンパス
連絡先:TEL. 022-264-6414
  • 平 日 8:30~21:30
  • 土曜日 8:30~16:30
礼拝時間
10:20~10:45
休憩時間
18:15~19:00
(土曜日は除く)
  • ※上記の礼拝時間および休憩時間は窓口を閉鎖しますが、ケガや具合の悪い方などの応急処置はします。
  • ※長期休暇中の利用時間は、窓口掲示をご確認下さい。
このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 学生総合保健支援センター(保健室)
〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL.022-264-6414 FAX.022-264-6473
E-mail:hoken@mail.tohoku-gakuin.ac.jp