昼夜開講制

※夜間主コースは平成27年度新入生の学生募集を停止いたしました。

昼間主コースと夜間主コースメインの時間帯を選択

昼夜開講制とは、一つの学科が昼間だけでなく夜間にも授業を開講するシステム。昼間の時間は大学での学習以外の活動にあてたい人など、それぞれのライフスタイルに合わせて授業時間の選択の幅が広がります。本学ではこの制度での学生募集を英文学科が行なっています。

昼夜開講制においては、昼間主コース・夜間主コースというコース分類をしています。しかし、これは同じ学科内の履修コース上の区別にすぎません。ですから、卒業までに必要な履修単位、授業運営、成績評価などはすべて同じです。卒業証書、各種証明書においても全く区別はありません。

コース間の相互乗り入れも可能

昼間の授業を中心に学ぶ「昼間主コース」と夜間の授業を中心に学ぶ「夜間主コース」のどちらを選ぶかは受験時に選択します。昼間主コースの学生が夜間主コース時間帯の科目を履修したり、夜間主コースの学生が昼間主コース時間帯の科目を履修したりする「相互乗り入れ」は、必修科目を除くすべての科目で可能です。

もちろん、昼間主コースの学生が昼間の授業だけ、夜間主コースの学生が夜間の授業だけを履修して、4年間で卒業単位を修得することが可能なカリキュラム構成になっています。

夜間主コースは総合英語研究分野専修

昼間主コースは、英語コミュニケーション分野専修、英米文学分野専修、英語学分野専修の3分野専修、夜間主コースは総合英語研究分野専修の1分野専修からなっています。

総合英語研究分野専修は、昼間主コースの3分野専修をコンパクトにまとめたカリキュラムになっています。

昼間主コースの分野専修を副分野専修修了として認定

英文学科では主・副の分野専修修了制度を導入しています。昼間主のいずれかの分野専修を一定条件のもとで学修した場合、夜間主コースであっても、昼間主の分野専修を副分野専修修了として認定します。

夜間主コースで昼の時間を有効活用

CASE1:昼間の時間を活用して他大学の授業を履修

本学は、学都仙台コンソーシアムの「単位互換ネットワーク」に参加しており、他の参加大学の指定科目を履修し、本学の単位として認定することができます。夜間主コースの学生で昼間の時間が自由に使える場合、他大学の科目の履修に活用することもできます。本学にはない学部・学科の科目を履修することも可能なので、異なる分野の学習をすることによって、知識や考え方の幅が広がります。

CASE2:家事・子育てをしながら学びの意欲を満たす

長いライフプランの中で、いつ学ぶかは自分で選べるのが理想です。結婚して家事・育児をしながら、大学で学ぶという選択も一つのスタイル。昼間、家の仕事や子育ての合間に課題やレポートをこなし、夜あるいは土曜日に大学へ通って自分の興味のある分野の学習に没頭している学生もいます。「子どもが幼稚園に入ったので昼間主コースの科目も」など、ライフスタイルに合わせた選択ができるのも魅力です。

CASE3:昼間はアルバイト卒業後に社会経験を生かす

学費や生活費をまかなうため、あるいは社会に出る準備として昼間はアルバイトをし、勉強と両立させている学生も数多くいます。昼夜開講制が実施されているのは土樋キャンパスであるため、仙台中心部のビジネス街もすぐ近く。社会のしくみを実践で体験しながら理論を学ぶことができるので、より深い考察力を身につけることもできます。アルバイトによる社会体験と専門学習を武器に就職していく先輩は少なくありません。

CASE4:教員と学生、2足のワラジを履いて

小学校の先生をしながら、中・高等学校の英語教員免許を取得した方もおられます。小学校で英語が正課化され、このような方々が今後増えるのではないかと思われます。2足のワラジは確かに大変でしょうが、多少、時間はかかったとしても、今後のキャリアに活きてきます。3年次編入学で、最短2年で英語教員免許が取得できます。

英文学科夜間主コースQ & A

英文学科夜間主コースとは?

Q1.英文学科夜間主コースって何ですか?

A1.英文学科では、昼夜開講制を採用しています。昼夜開講制とは、昼間時間帯(8:50~17:50)だけでなく夜間時間帯(18:00~21:10、水曜日のみ18:00~21:30)にも授業を開講するシステムのことです。夜間主コースとは、夜間時間帯の開講科目だけを履修しても卒業できるコースのことです。

Q2.夜間主コース卒業の場合と昼間主コース卒業の場合、卒業証書にその区別は記載されますか?

A2.卒業証書にも各種証明書にも区別は記載されません。昼夜開講制においては昼間主コース・夜間主コースという区別は、英文学科内の履修コース上の区別にすぎません。

Q3.夜間主コースは、どのキャンパスで学びますか?

A3.仙台市営地下鉄五橋駅近くの、交通至便な「土樋キャンパス」で4年間学びます。

Q4.夜間主コースの学生は、昼間主時間帯の科目を履修できますか?

A4.夜間主コースの学生は、必修を除く昼間主コースの科目をすべて履修できます。また、昼間主コースの学生も、必修を除くすべての夜間主コースの科目を履修できます。

Q5.昼間主と夜間主とで授業料とかに違いはありますか?

A5.違いはありません。ただし、施設設備費は、昼間主が18万円であるのに対して、夜間主は9万円です。

社会人にどのように開かれていますか?

Q6.社会人として、日中、仕事をしているのですが、夜間時間帯の科目の履修だけで、4年間で卒業できますか?

A6.夜間時間帯で開講している科目の履修だけで、4年間で卒業できます。

Q7.社会人ですが、中高の英語の教員免許の取得を目指しています。4年間で取得できますか?

A7.4年間で取得できます。また、大学を卒業している方の場合には、社会人編入学制度もあります。小学校の先生をしている方で、3年次に編入学し、2年間で英語の教員免許を取得した方もいます。

Q8.社会人のための特別入試制度がありますか?

A8.「社会人特別入試制度(英文夜間主)」があります。11月と3月に行なわれます。選抜は、面接と小論文によって行なわれます。また、定時制や通信制高校に在学中で一定の職業を有している方も、この制度で受験できます。

Q9.社会人学生のための奨学金とかありますか?

A9.「夜間主コース給付奨学金制度」があります。「社会人特別入試制度(英文夜間主)」で入学する方は、入学前に支給が決定されます。他の入試制度で入学する方は、入学後に支給が決定されます。年間30万円が、貸与ではなく支給されます。

Q10.高校3年生ですが、卒業後、就職の予定です。その場合、夜間主コース給付奨学金は支給されますか?

A10.入学後、資格要件を満たしているかどうかが判断され、社会人学生と認められれば、基本的に支給されます。

入試制度は?

Q11.高校3年生ですが、英文学科夜間主コースの「学業成績による推薦制度」は昼間主の制度とは違うと聞いたのですが、どのように違うのでしょうか?

A11.高等学校の進路指導部を通して、入試部に問い合わせて下さい。基本的に、高等学校から推薦を希望する方がいることを通知していただき、それを承けて、推薦指定校としています。

Q12.夜間主に特別の入試制度はありますか?

A12.「社会人特別入試制度(英文夜間主)」のほかは、昼間主とまったく同じです。AO入試、各種推薦入試(学業成績、キリスト者等、スポーツ、TG)、一般入試(前期・後期日程)、センター試験利用入試(前・後期)。ただし、3月の一般入試(後期日程)については、同日の試験で、昼・夜間主コースを併願でき、第1希望、第2希望での受験が可能です。

このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 入試部入試課
〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL.022-264-6455 FAX.022-264-6377
E-mail:nyushi@mail.tohoku-gakuin.ac.jp